2011年11月11日 (金)

ヤマニンシャスール

 先週土曜、新潟の500万下の特別戦をヤマニンシャスールが勝った。去年から密かに応援しているのが浅見秀一厩舎のこの4歳牡馬。去年のひところは善戦続きで東スポの出馬表と月曜のブックの成績表を見ながらやきもきしていた。上のクラスでも善戦してほしい。

 ヤマニンシャスールの父はマイネルマックス。私にとって思い出多き一口愛馬。3年前に死亡しており、現在中央競馬で走る産駒はこの馬のみ。マックスにゆかりの馬、少しでも長く走ってほしい。

http://starhills.cocolog-nifty.com/kaedama/2008/08/post_6cc7.html
↑3年前、マックスが死亡したときに書いたブログ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

美浦のトレセンに行ってきました

Sdsc02555   先日、美浦のトレセンに初めて行ってきた。息子の友達のお父さんが調教師のいとこということが分かり、競馬好きをアピールしていたら「面会」に誘ってもらえたのだ。どこまでブログに書いていいのか分からないので固有名詞は書かないが、とても楽しい1日だった。
Sdsc02562Sdsc02561 息子と2人、朝7時に家を出て車に乗せてもらい、トレセンに着いたのが9時過ぎ。入り口から「馬優先」の横断幕が掲げられ、もう興奮。構内に入ると広い広い。調教師の先生の案内で調教スタンドで坂路調教などを見学、ラフィアンのスタッフもいたのでご挨拶も。
Sdsc02577 息子が面白がったのはプール調教。馬が泳いでいるのは私も実際には初めて見た。なんとマイネルファルケがたまたまやっていて、すぐそばでじっと見させてもらった。その後、厩舎で馬運車に馬を乗せるところも見られたし、馬の顔をなでさせてもらった。あれこれ質問したがとても丁寧に教えてもらい、この年になって見る物聞くことすべて興味深いことがまだあるんだなあ、と喜んだ。
  先生は何人かの騎手に声をかけてくれて握手と記念写真をしてもらったし、感激のしっぱなしだった。

Sdsc02608 ちなみに、先生が「今週出走するこの馬は調子いいよ」と言った馬の馬券を買ったらブービー負け。そんなもんだよなあ(笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

2週連続万馬券ゲット! 今週はラジオNIKKEI賞の馬連!

Dsc05346  ラジオNIKKEI賞は馬連5頭BOXで万馬券ゲット!東スポの馬柱下の調教欄に◎がついている馬は数が多い時を除き、無条件で買い目に加えることにしている。今回も印はほとんどなかった15番を買えたのはそれだけの理由。16700円とは嬉しい配当だ。

 先週の宝塚記念の3連単万馬券に続き2週連続の万馬券ゲット。昨日は福島メインの阿武隈Sを単勝1点勝負的中(配当1310円)、今日も愛馬マイネルクロッシュの福島4R未勝利戦で愛馬流しの馬連2940円をゲット、と珍しくいい成績。この2週間で今年の馬券収支もプラスに転じた。いやあ、競馬って楽しいね。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

宝塚記念 3連単万馬券ゲット!

Dsc05325  今年初の万馬券を宝塚記念でゲット!3連単10630円だ。万馬券は去年10月の秋華賞(馬連23080円)以来だ。ハナからディープスカイを疑い、1着はないと思って2,3着づけにしたのが気持ちいい。スーパーに家族で買い物中でなければ時間の余裕もあって馬連なども足してもっと勝ってただろうがまあいい。この1か月は負けてばかりだったので一息つけた。

 それにしてもウオッカ回避で盛り上がらなかったなあ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年5月10日 (日)

久々の競馬場

Dsc05114Dsc05132Dsc05157   朝から府中へ突撃!競馬場へは去年2月の小倉以来、府中へは4年ぶり。当時工事中だったフジビュースタンドが完成していたし、大きなターフビジョンも圧倒された。新潟1レースから京都最終まで買って1つも当たらなかったけど、競馬場っていいなあ。(中央はNHKマイルカップの最後の直線)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

万馬券獲りました!~秋華賞~

Dsc04301  19日に万馬券を獲った!秋華賞の馬連を6頭BOXでゲット!!

 マイネレーツェルを応援していたのでゴールした瞬間は外れた気でいたのだがよく考えたら馬連に選んだ2頭で決まっている。どのくらいついたかな、と思っていたらなんと23,080円もついてびっくり!私の中では勝ったブラックエンブレムはけっこう人気だと思っていたので儲けた気分。間違っても3着馬は買えなかったので3連単1000万馬券は獲れなかったなあ。

 万馬券は今年も去年獲ってないから2年ぶりか、それとももっと久しぶりかな。これがあるから競馬はやめられないんだよなあ。前週の毎日王冠でPATの残高がなくなって入金したばかりというタイミング。やはり金があるときのほうが勝負に余裕があっていいのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

マイネルマックス さようなら

一口愛馬だったマイネルマックス号が病死したという。14歳だった。

http://homepage3.nifty.com/starhills/keiba/02.htm
↑私にとっては忘れることのできない愛馬。

http://starhills.cocolog-nifty.com/kaedama/2008/05/post_6352.html
↑初年度産駒マイネルマキシマム号の出走のようす。

先日競馬サークルの会報向けに書いたばかりの文章があるので掲載する。

「10years」

  1998年6月7日、東京競馬場4コーナーすぎ、最後の直線に入ったあたりに僕らはいた。前日はダービー前夜祭と称してたっぷりと飲みながら語り合い、いささか疲れていたため当日の観戦メンバー10人ほどが集まったのはすでに午後だった。メンバーの多くは前週のオークス(勝ち馬エリモエクセル)では1コーナー前の芝生にレジャーシートを敷き、行列して買った生ビールを飲みながら寝転んで観戦していた。僕も金沢から2週連続でやってきたが今日は寒い。オークスのときはTシャツでよかったのにその上に長袖シャツでも肌寒いと感じる。前日の雨もあり馬場は湿っている。

 今年のダービーは純粋に競馬ファンとして楽しめるし気楽だ。と言うのも、去年は愛馬マイネルマックスが出走したため、マックスに終始したからだ。あの時も今日のメンバーが集まり、席取りなどに協力してくれた。さあ、1つ前のレース「むらさき賞」が終わった。3強といわれるスペシャルウィーク・武豊、セイウンスカイ・横山典弘、キングヘイロー・福永祐一がいったいどんなレースを見せてくれるのか。僕はスペシャルウィークが勝つと思っている。むらさき賞を勝った騎手はダービーでは来ないというジンクスから、「(マリアジュダムールで勝利した)ユタカは来ない!」と寒くても生ビールを飲みまくるマーシーは叫んでいた。

 せっかく集まったから何かゲームをしようと僕は「ダービー最下位当て」をみんなに提案した。100円ずつ出して最下位馬を指名した者が総獲りだ。最初の僕が14番人気ボールドエンペラーを指名すると「めっちゃ当てにきとるやないか」とシューヘーは呆れた。「堅いなあ、人生そのまんまやなあ」

 レースが始まった。人ごみの中、ターフビジョンまで遠くてよく見えないので実況音声が頼りだ。デビュー3年目の福永がキングヘイローに持っていかれてハナに立ってセイウンスカイが2番手の展開に場内がどよめく。ユタカは中団にいるようだ。4コーナーを回って馬が目の前をドドドと駆けていく。伸びるスペシャルウィークはいいのだが2着は何だ?ボールドエンペラー!典型的なヒモ荒れとなって馬連万馬券だ。横でシューヘーが呆然としている。なんと3着に入った15番人気ダイワスペリアーとの組み合わせを持っていたのだ。1着3着で当たりとなる馬券があればよかったのだが。最下位当てはエミコが的中となった。

 最終レースも終わり、馬券を外して疲れた顔でターフを見つめる僕にシューヘーがふと尋ねた。「10年後、サークルのみんなはどないなっとるんやろ。まだ競馬やっとるかな」。少し考え、僕は答えた。「10年後ねえ、結婚して子供がいてもみんなやってんじゃない」・・・。

 そして今、2008年。本当に10年たった。僕もみんなも状況はもちろん変わったし、競馬へのかかわり具合も薄くはなっている。しかし、みんなやってるようだ、相変わらずかつ現状のなかで。最近競馬で感激したのは、誘われて行った佐賀競馬場で一口愛馬だった馬(マイネルマキシマム)がたまたま走っていて目の前で勝ったこと。

 毎週毎週競馬は続く。勝ち負け、泣き笑いの繰り返し。僕もみんなも繰り返し続けていく。

 あれから10年も、この先10年も・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

競馬中継に思う

 昨日のマーメイドSは10番人気で2着したピースオブラヴから重馬場得意のスペシャルウィーク産駒ブリトマルティスを含む4頭に流したがさすがに高野容輔騎乗の48㎏の馬には手が出なかった。1番人気ベッラレイアは斬れてもダントツの最低人気馬は買えない。それはそうと、だ。テレビの競馬中継がどんどんいい加減な作りになってきたと感じる。

  関東の日曜、河合俊一とほしのあきはまじめに競馬を伝える気があるのか分からないコンビ。ほしのあきは従来の女性タレント枠として考えれば馬券成績を含めてかなり頑張っていると思う。しかし、河合俊一がただの馬券好きの乗りで進行してるから見るに耐えない。だから井崎センセイが真面目に仕事をしなければならなくなっているように思う。土曜は井森美幸、トホホ。競馬ブームの頃、急に競馬好きだと言い出したのを覚えていた人が起用したのかもしれないが、ブーム後に本人が「あれは事務所に言わされてました」と振り返っていたのに。予想配当もつっかえて聞き取りにくく、ご意見番の原良馬も毎週困っているふうだ。

 関西の土曜はKBS京都の安定した進行。出光ケイの発声は昔ながらのイベント司会風でずっと聞いていると疲れるが澤武アナとの職場のようなかけあいは好きだ。日曜は柳沼淳子。やぎじゅんはいい。柳沼淳子の存在以外でもシンプルな演出で落ち着いていて好きだ。ただ、パドックでよく見える馬を立って報告する鈴木由希子は苦行をしているかのようで重苦しい。

 などと言いながらも毎週見ている。BSフジが前にやってた須田鷹雄の番組が好きだったんけどなあ。最初に見た競馬中継では潮哲也、鈴木淑子、青山美恵子だったかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

マイネルマキシマムを佐賀で見た

Dsc03410Dsc03380Dsc03382  連休は3日、4日が博多どんたくに関する仕事で5日にようやく休み。身体は疲れていたが職場の仲間に誘われるままに佐賀競馬へ。自分が誘われて競馬場というのは非常に珍しい。私を含めて男4人、女2人の6人だったが日常競馬をやっているのは私だけ、初めてという人もいたので最初は馬券の種類からレクチャーを始めた。佐賀競馬場は去年2月に愛馬ボウノットが走った佐賀記念を見に来て以来2度目。今日はレジャーとして力を抜いて楽しもう。食堂は安いし、カレーパンは棒が刺してあって頼むと鉄板で温めてくれる地方競馬らしいところだ。アルコールがないのが残念。

Dsc03404_2Dsc03392Dsc03389 午前中のレースを楽しみながらメインレースの馬柱を見ていると、元愛馬マイネルマキシマムの名前があってびっくり。中央未勝利の後、佐賀に移籍したのは知っていたがまさか今日走るとは。佐賀競馬とは言え、最上位のAクラスの競走で印がついているのもびっくり。それからはそわそわして過ごした。そして、マキシマムはレースに堂々1番人気で勝った。

Dsc03402Dscf1639Dsc03408 マキシマムの走りを見て久々に競馬で興奮して感激した。彼は私が一口出資していた愛馬マイネルマックスの数少ない産駒で、同じクラブで募集された唯一の仔だった。その名付け親になれてとても嬉しかったのだが結婚して自由に競馬場に行くこともできず、一度も生で見られないまま佐賀競馬に移籍したがまさか、佐賀でこんなに活躍しているとは。彼は中央で25回走るも1度も勝てなかったが故障もなく、丈夫がとりえのタイプだったのでこれからまだまだいけると思う。おそらく最初で最後の観戦だと思うとよけいに感慨深かった。

Dsc03438Dsc03439Dsc03448    競馬を目一杯楽しんだ後は、鳥栖市内の名所(新幹線建設現場など)を見てから「とすのとんかつきむら」で食事。ここは統一感のない本当にあれこれ飾ってあるところで汽車が席まで料理を運んでくれるのが楽しい。ついでにさらにせっかくここまで来たからと「丸幸ラーメンセンター」にも寄って帰る。腹がいっぱいの状態で食べたからかそこまでとは思わなかった。飾らないおいしさ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

小倉競馬で愛馬応援

Dsc02855

Dsc02854

Dsc02858   愛馬が出るので口取りを申し込んで応援に出かける。朝7時半に友人の車で福岡市を出発し1時間ほどで到着。今日は東京が降雪で中止、京都も障害レースが中止になるなど影響が出ているが小倉は問題なく開催だ。3階の指定席A(1500円)の最前列を取り、今日も一日が始まる。というか、やはり朝が早いので寝不足だ。

愛馬マイネルクロイツは2レースに出走。デビュー戦で1番人気に推されるなど調教では抜群の動きなのだが実戦ではさっぱりのクロイツ。パドックで東京事務所のA吉さんと軽く話したがブリンカーの効果でなんとかめどをたてたいとのこと。口取りは私も含めて2人が申し込んでいるそうだ。

Dsc02861Dsc02867Dsc02878  パドックでは特別目だったしぐさもなく坦々と歩く。騎手はまたがらずに本場場へ。今日は太宰騎手だがどうだろうか。馬場はやや重だ。

Dsc02882Dsc02885Dsc02887  レースはゴール板付近で見る。2番手で先行し、いい流れで進んでいく。行きっぷりも悪くない。3コーナーから手綱がしごかれ、4コーナーでは後続から有力馬たちが襲い掛かる。惨敗かな、とも思ったが直線は今までより粘って5着。着差はあったがまずは喜ばしい結果だ。佐々木晶三調教師とA吉さん、太宰騎手と厩務員さんすべてがニコニコしている。

 その後は馬券馬券。さっぱり当たらず小倉全レース、京都後半4レースの16レースでたったの1つしか当たらなかった。小倉が堅すぎた、と言い訳。隣りで友人は10レースくらい当てていた。昼前からの雨は激しかった。客が少なかったので帰りに300円から100円になっていたクジラ鍋を食べて帰った。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)