2013年7月21日 (日)

参議院選挙 投票1番乗り!(2013年)

 今回も1番投票乗り。5時57分に投票所の中学校に着いたが校門が開いていなかったのでとりあえず門の前にいたら6時過ぎに校務員が開けてくれた。選挙の最初の係員が到着したのがそれから10分ほどしてから。「7時からの投票に来たんですけどここで待っておけばいいですか?」と確認後、入口前に並ぶ。他に誰もいないから、並ぶというか立っている。

 次の人が来るまでは孤独な戦いになるのがいつもだが、今日は中学の部活の大会かなんかでジャンボタクシーで2つの部がすぐ横で集合していたので、私の1番乗り経験の中ではもっともにぎやかな朝だった。

 6時40分ごろ次の人が来たが別に1番乗りを目指して来たわけでもなさそうなおばさんだった。だんだん増えてきて7時の時点では20人ほどが待っていた。松山市ではどこもそうなのか、7時になって初めて入口から入れて、空箱確認は最初に投票する人が単独でする。すなわち、受付や投票記入でまごまごしていると後に並んでいた人が確認することもあり得る。なので、どちらもさっさと書いて投票した。

Dsc_0203_640x480_2 愛媛県選挙区。

Dsc_0204_640x480 比例区。投票箱自体はどちらも同じ(笑)

で、投票済の証明書をもらえますか、と尋ねると松山市では廃止したとのこと。そうか、残念。家に帰ってまた寝た。そして、これから夜は開票所まで出かけて開票作業を見学してくる。比例区がすべて終わるのは午前3時ごろか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

衆議院選挙 投票1番乗り!

Sdsc06623Sdsc06624Sdsc06625

左から、衆議院愛媛1区(小選挙区)、比例区、国民審査。

 朝6時20分現地到着。もちろん1番乗り。昨年引っ越してきて初めての選挙なので昨日投票所になる学校の下見を済ませておいた。
会場の設営作業をしている人に、「7時からの投票に来たんですけどどこで待てばいいでしょうか」と1番乗りをアピールしながら確認し、指定されたドア前で新聞を読みながら待った。師走選挙なのでまだ暗いものの幸い冷え込んでおらず、待つのはまったく苦にならない。

 今回の選挙は全国的に自民党回帰、民主惨敗、第三極躍進が予想されており、投票率が気になっていたが6時半になっても次の人が来ない。6時50分になってようやく初老の女性が来たが私の後ろに並ぶでもない。投票開始5分前になっても係員から何も説明がなく、中ではゆったり準備の様子。

 7時になり、ドアが開けられて中に入ったが普通の人扱いで投票の際になんとなく投票箱が空かどうか確認されるだけ。「写真撮らせてください」と頼むと嫌な顔ひとつせず、ゆっくり待ってくれた。まあそれで3つの空箱を確認して投票したので目的達成。

 でもなあ、1番乗りを特別扱いする感じがまったくなく拍子抜け。今までは事前に1番目の私と2番目の人が先に呼ばれ、投票箱が空であることを確認してもらいますと説明があったし、受付は省略されたのになあ。これで、東京で3か所、福岡で1か所、愛媛で1か所の計5か所での投票所一番乗りを果たしたことになる。同一投票所でいつも1番乗りという人は全国に何人もいそうだが、5か所というのはもしかして全国最多なんじゃないだろうか、上には上がいるか。

 夜は自分の票も含まれる開票作業を松山市青少年センター体育館でワンセグの開票速報見ながら見学。手際よく進んで25時にはすべて終了。さて、寝よう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

一票の価値が最も重い選挙区に行ってきた

P1000267_800x600


 12月8日に出張でお隣の高知県宿毛市に行ってきた。選挙好きな私が嬉しかったのは、「一人一票」が叫ばれるがまさにここが基準となる衆議院高知3区だということ。選挙期間中にこの選挙区に入れたのはとても記念になる。次の総選挙のときにはまず間違いなく存在しない選挙区だ。日本一一票が重い選挙区での選挙戦はと言えば・・・2日間滞在したが選挙カーの音を聞かなかったくらい静か。まあ、ポスターを見れば一目瞭然だがいまどき全国でも珍しい自民党現職に共産党新人の2人しか立候補していない完全無風区。盛り上がらないよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

東京都知事選挙 投票所1番乗り!

Sdsc03586  震災の影響で全然盛り上がらなかった統一地方選。東京は石原知事の再選だろうが、結果はともかく投票に行ってきた。去年夏に引っ越してきたので今回が初めての投票所。6時20分にホール入り口に着き、係員に「7時からの投票に来たのですがこちらで待っていればいいですか?」と訪ね、新聞を読みながら待つ。その間、2人の早起き老人から「ああ、今日は選挙でしたね」と声をかけられる。忘れるよなあ、選挙カーも通らなかったし。10分前になって外から内に誘導され、受付前のパイプいすに座る。ここまで私一人。投票率はそうとう低いだろうなあ。8分前になり、50代夫婦がやってくる。たまたま早く来ただけのよう。

Sdsc03585  7時の次点で6人しか待っていなかった。に立会人から投票開始の合図があり、ようやく私と旦那の2人が受付。通常の受付だった。最初の2人ということで投票時に空であることを確認。閉めるのに手間取りながら鍵がかかり、投票。

 引越しが多い私はこれで4か所目の投票所1番乗り。これって珍しいのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

三原じゅん子からのご恩返し

♪セクシナイ 気まぐれーなー 恋もたまにはいいじゃない 三原じゅん子が参議院議員になるとはあの頃予想した人は誰一人いないだろうなあ。で、その三原氏だが出馬宣言前からずっとDsc02247出ているのがこのダイエット食品の広告。選挙中もずっと出ていて、問題ないのかなあ、と思っていたが当選後にはこの表現に変わった。

私、「三原じゅん子」からの無料ご恩返しです。

これはどうなの?全国の比例区で当選して無料で金品を選挙区民に送るわけでしょ。公職選挙法第179条の禁止される寄附には当たらないのだろうか。まあ、当たらないからこうなってるんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

参院選2010の活動

F1000271  今回の参院選はいまいち盛り上がりに欠けていると言われるが私はそうでもない。新党乱立、与野党拮抗で十分楽しんでいる。この前の休日、池袋で小池百合子が応援でいたので握手を求めた。余裕の表情だった。テレビで見るよりも実物はやはりお年相応の感じだった。

 今日は東京選挙区の小川敏夫候補が選挙カーで近くの商店街を周っていたので軽く手を振った。先日は比例区の有田芳生候補が川越街道を選挙カーで走っていたので手を振った。今回はそれくらいで終わりそう。投票日前日の土曜に引越しをするもので日曜はおそらく整投票所一番乗りなんてやってる場合ではないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

衆議院選挙 投票所一番乗り!

Dsc00183Dsc00178   8月30日は私の誕生日。39歳の今年は歴史的と言われている衆議院選挙の投票日。もともと「選挙好き」な私にとっても記念になると思い、期日前投票もせず、投票日の一番乗りを目指した。選挙の投票一番乗りは4年前の東京都議会選挙、2007年参議院選挙に続き2年ぶり3度目で、引越しているため3つの異なる投票所で1番乗りを果たしたことなる。

 朝5時50分起床、家族は当然寝ている。過去2回は投票開始1時間前の朝6時に現場到着だったが2番手が来るのが10分前だったので今回は6時15分にした。投票所となる小学校は歩いて1分だ。小学校の体育館にシートが敷かれ、係員たちが準備をしていた。入口から「おはようございます。朝7時からの投票に来たんですけどどちらで待てばいいですか?」と声をかける。「朝7時からの」と言うことで開始時刻を間違って早く来たのではないことを明確にし、最初の投票者になりたいということをアピールするわけだ。年長の係員が多少驚きながらも入口前に置いたパイプイスを指し、「最初のお2人には投票函が空だと言う確認をしていただきます。あちらでお待ちください」と丁寧な対応をしてくれた。これで1番乗りだと認識されたわけで安心。来場する立会人に挨拶などされながら新聞を見ていると30代夫婦が2人の子供を連れてやってきた。朝の散歩がてら投票に来たが時間を間違えていたらしい。家に帰ってまた来るのも面倒というので彼らも私と一緒に待つことに。これが6時半。余裕をみすぎてもう少し遅かったらこの夫婦に負けていたかもしれない。空箱確認作業のことを聞かされて驚いていたから初めてのようだ。

Dsc00180Dsc00181Dsc00182_2  7時になり、投票開始。最初の受付が省略され、私と夫婦の夫の2人が投票用紙の交付へ誘導される。続こうとした妻が制され、通常の受付に回された。まず小選挙区、そして比例代表区、最後に最高裁裁判官の国民審査。我々が「何も入ってないですね」の声にうなずくと投票函に鍵がかかる。妻と子供たちも追いついて興味深そうに空箱を覗いていた。最初に対応してくれた係員が最後まで誘導し、「お疲れ様でした」(だったかな?)ときちんと礼をしてくれたのが嬉しかった。出口から入口に戻るとまだ7時過ぎだというのにたくさんの人が並んでいて、今回は関心が高いんだなと実感した。

 すがすがしい気分で帰宅したがまだみんな寝ていたので私もまた寝る。そしてお昼前、嫁さんが投票に行くというので家族とともにまた行った。それにしても東京11区(板橋区)は地味だったなあ。都内では最後のほうまで当確判定が出なかったのに民主党の公認が出ないし、自民党前職もあまりに地味でニュースでも取り上げられることがなかった。板橋区らしいといえばそうなんだけど。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

東京都議会選挙期日前投票 一番乗りを目指したが

Dsc05326  選挙好きの私。これまでもいろいろな楽しみ方をしてきた。投票所の一番乗り開票作業見物、全候補者との握手、どれも満足感が得られる活動だった。今回の東京都議会選挙は何をやろうかと考え、「期日前投票の一番乗り」にした。投票所単位よりはるかに多い選挙区有権者全員が相手なわけだから、これは大変意義があると思われる(笑)

 公示の翌日から期日前投票、「きじつぜん」と読むのはこの前知った、ができる。私の板橋区選挙区では初日の今日は板橋区役所内のみで受け付けると書いてあるのでそこで一番乗りならば正真正銘の一番乗りとなる。私は昨日板橋区選挙管理委員会に電話して、そのへんを念のため確認しておくなど準備はばっちり。

Dsc05327Dsc05328   今日は8時30分の開始、私は電車に乗って8時前に区役所前に着いたがまだ正面入口に柵が降りている。念のために夜間受付に回り、8時30分からの期日前投票に来たがどこで待てばいいかと尋ね、やはりその柵の前でいいと言われて安心。8時15分、他の用事の人は10人程度いるが投票しそうな人はまだいない。10分前、投票に訪れたらしい母と息子だろう男女が現れた。
 まずい、と思っていたら5分前に柵が上がったので庁内に入る。ロビーホールに仮設の投票所があり、係の人たちがそれぞれの持ち場で確認をしている。入口に並ぼうとしたらソファで待つよう指示されたので、「私は一番に来たので最初にさせてください」とアピール
しながらソファで待つ。8時30分には8人くらい投票者が集まり、いよいよ投票所内に並ばされた私はもちろん先頭だった。

Dsc05329  そして、合図とともに期日前投票の受付をするが3つの受付があった。なので私と親子の3人がそれぞれやったわけだがバーコードの読み取りなどがもたもたして、しかも機械の電源を入れていないなどという不手際で私より先に親子が受付を済ませ、そのまま投票用紙も受け取り、投票を済ませてしまった。
 おいおい、ちょっと待ってよ、というゼスチャーをしながらもたもたする女性係員を促したが彼女には無理だった。選管の立会人も含め、あの投票箱が空である儀式を“横取り”され、私は3番目に普通となんら変わらない投票をしたのだった。なにこれ。

 立会人に聞こえるように、「一番先に投票したくて一番乗りしたのに受付の不手際で一番先に投票できなかった。残念だなあ」と言ったがもちろん立会人や先に投票した親子に当たっているのではない。投票が終わってから職員であろう係員に、同じことを言った後で「1番の受付の人はバイトですか」と尋ねると「派遣です。不慣れで申し訳ありません。」と答える。「2番と3番の人は職員の方ですか」と尋ねると「職員もいます」と言う。1番の人だけ横に指導係が座っていたから慣れていないのは彼女だけだったのだろう。「受付の不手際でせっかく早く来て一番乗りしたのに一番先に投票できなかった。残念です。もちろん、私の勝手な思いなのは分かってますけど、残念です。」とふてくされて告げた。「申し訳ありません」と係員は言うのみだった。(配慮してほしかったなあ、あれだけアピールしてたのになあ。
 という話を会社(今日は出勤)で後輩にしたら「そんな強いこだわりがあるなんて普通考えないですよ」。あーあ、残念でしかたない。次の衆議院選挙はどうしようか。

※以上、夕方に一気に書き上げたがアップする前に読み返し、係員に対して大人げなかったと反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

大阪府知事選挙

Dsc02819  1月27日投票の大阪府知事選挙は橋下弁護士が大差で勝利。行政経験のない38歳に任せて大丈夫なのか、という心配はさておき、選挙ポスターを見る限り「何かおもしろそう」という感じはもっとも伝わってきた。まあ、「巨人に高額で移籍が決まり入団会見ですっきりした顔でインタビューに応じているわがままな選手」みたいな笑顔だけど。熊谷候補もヒゲを剃って「巨人に入れるなら長年のトレードマークでも捨てられる」ことをアピールしている選手に見えるんだけど。

 そうそう、知り合いのOLが福岡から大阪までボランティアで選挙活動に行ってきたそうだ。なんでも熊谷候補の子供が大学の同級生で、実家にも何度か泊まりにいったほどの仲とのこと。各種名簿をもとにひたすら選対事務所でお願い電話をかけまくったそうだ。もちろん交通費も宿泊費も食費も出ない。選挙運動の手伝いなんて初めてだったが本当に疲れたと言っていた。

 おお、選挙好きの私。次は選挙運動のボランティアなんていいかも。

(ちなみに、この写真は選挙期間中にたまたま大阪に行ったので蛍池駅前で撮影)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

参院選2007 投票所1番乗り!

Dsc01856    2年前の東京都議会選挙以来2年ぶり2度目の投票所1番乗り!投票開始は午前7時だが6時前に到着。2年前の学校は校門が閉まっていたが今日は開いていた。そのまま誰にも会わずに投票所の体育館の前に行くが中にも誰もいない。これではただの不法侵入じゃないかと自分で突っ込みを入れながら持参した新聞を広げる。6時を過ぎてほどなく係りの人がやってきて体育館に入ろうとしたので、「最初に投票をしたいのですがここで待っていればいいですか」と確認をとる。その後次々と係りの人たちが到着し、準備にとりかかる。

Dsc01857

 6時半になっても私以外に投票者は現れず、体育館の入り口前から準備の様子を見たり新聞を読んで過ごした。6時50分になってようやく初老の夫婦がやってきたが別にそれを目指して来たわけではなさそう。結局7時前には私のほかにいずれも高齢の7人がやってきた。そして、何事もなく7時に入り口が開き、普通に手続きをするように促される。もしやこの投票所は最初の入場者ではなく、最初の投票者が儀式をやるのか、と緊張。しかしほどなく係りの人が改めてやってきて、「投票箱が空であることを確認していただきますのでご協力ください」と丁寧に告げた。

Dsc01858  初めは選挙区の投票。投票する際に確認するようだ。私の次の人は「最初の方が確認されますのでその後投票用紙を交付します」と言われていた。私がここでゆっくりと考えて書けば後ろの人が待たされるのか、と思うと変なパフォーマンスをすることもできないのでそそくさと書いて投票箱の前に進む。「中が空であることを確認してください」「はい、確かに空です。あ、ちょっといいですか」と写真を撮らせてもらう。それと同時に次の人に投票用紙が交付された。これを次の比例区でも繰り返し、1時間のイベントが終了した。係りの方からは礼を言われ、気持ちよく帰った。そして一気にこの文章を書き上げてこの時間である。さて、夜は開票所だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)