2009年3月22日 (日)

東武東上線の臨時電車で川越まで

Dsc04700Dsc04704

 森林公園で行われる電車まつりの会場へ行く臨時電車が池袋から出るというので乗ってみた。池袋には回送で入線した。朝ドラ「つばさ」のラッピングトレインにもなっていて出発式もあった。臨時急行として運行、川越までノンストップというのがとても気持ちよかった。この車両は放送終了まで普通電車2編成で運行。

Dsc04723

Dsc04727_2 Dsc04725   私は川越で下車して町を初めて散策。たまたま春まつりの日でにぎわっていた。時の鐘はがっかり観光地に認定・・・あれだけ立派なのに神社はとても小さいので。味の素をたっぷりふり、やけに辛い味噌をつけた焼き鳥が名物として人気があったが多分並んでるから名物と思って並んだだけ、私がそう。写真にも写っているまめ屋はおいしかった。

Dsc04737Dsc04743  Dsc04753

 関東近郊の日帰り旅にはもってこいだと思ったが食べ物屋など下調べしていかないとつまらないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

炎神戦隊ゴーオンジャーショー

Dsc03798Dsc03791Dsc03792  うちの子も3歳になり、保育園の友達の影響で戦隊ヒーローに夢中になっている。今年度は「炎神戦隊ゴーオンジャー」だ。簡単にまとめると、成長途上の5人の男女ゴーオンジャーが友情を大切にしながら悪い敵ガイアーク一味をぶっとばす、というお話。普通は赤いヒーローがしっかりもののリーダーだが今回はみんな未熟者でよく敵に捕まったりやられたりする。ちなみにイエローが唯一の女性で特にカレー好きではない。

 でもって東京ドームシティに行ってきた。毎週日曜朝の放送時(関東地方)にCMで流れている週末のヒーローショーが目当て。予定日を過ぎた身重の妻は家で雑巾がけするというので息子と2人で遊園地だ。着くと女だらけの行列がかなり長く伸びていたがそれは東京ドームで行われるキンキのグッズ販売会場への列。ヒーローショーの整理券をもらい、お金を払う。3歳以上は皆1000円だ。12時開始の2時間前でDブロックとある。ブロック指定?独身時代に何度もあるアーティストの野外コンサートでそういうのあったなあ。

 11時20分までに指定の場所で並べというので炎天下並ぶ。小さい子供はじっとしているのが辛いのでどの親も大変そうだ。前に並ぶ親がかき氷を子供に買ってやっていたので息子がかわいそうになり、凍ったアクエリアスを買った(行列相手に物売りをするんだよなあ) 。途中何度も「ねえ、ゴーオンジャーまだ?どこにいるの?」と訊かれるが「準備をしてるんだよ」 「いい子にして待っていようね」となだめるのも苦しくなった頃、ようやく入場。入り口ではゴーオンレッドが握手で迎えてくれた。会場はブロックに仕切られてはおらず、ABCDは入場の順番だけだった。ステージの上手下手なら最前列もいけたが、ステージ幅を見て中央の後ろから2番目の席へ駆け上がる。案の定、ショーは中央部でしかほとんど動きがなく、角度的に端はきつかったと思う。整理券はHブロックまであったが会場はほぼ満席(定員1600人)、同じ料金でもだいぶ差がある。中央最前列の人たちはお父さんが朝からずっと列に並んでいたんだろうなあ。

Dsc03794Dsc03797Dsc03796   内容は全編アクション。ゴーオンジャーやガイアークの面々が約20分舞台上を動き回る。大人が見ていても大きなアクションがあり声が出る場面も。うちの息子は大好きなゴーオンブラックが活躍して満足の様子。私は息子が満足ならそれでよし。あ、1点だけ言えばケガレシアは本人が出演だったらお父さんとしては最高だったかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

競馬中継に思う

 昨日のマーメイドSは10番人気で2着したピースオブラヴから重馬場得意のスペシャルウィーク産駒ブリトマルティスを含む4頭に流したがさすがに高野容輔騎乗の48㎏の馬には手が出なかった。1番人気ベッラレイアは斬れてもダントツの最低人気馬は買えない。それはそうと、だ。テレビの競馬中継がどんどんいい加減な作りになってきたと感じる。

  関東の日曜、河合俊一とほしのあきはまじめに競馬を伝える気があるのか分からないコンビ。ほしのあきは従来の女性タレント枠として考えれば馬券成績を含めてかなり頑張っていると思う。しかし、河合俊一がただの馬券好きの乗りで進行してるから見るに耐えない。だから井崎センセイが真面目に仕事をしなければならなくなっているように思う。土曜は井森美幸、トホホ。競馬ブームの頃、急に競馬好きだと言い出したのを覚えていた人が起用したのかもしれないが、ブーム後に本人が「あれは事務所に言わされてました」と振り返っていたのに。予想配当もつっかえて聞き取りにくく、ご意見番の原良馬も毎週困っているふうだ。

 関西の土曜はKBS京都の安定した進行。出光ケイの発声は昔ながらのイベント司会風でずっと聞いていると疲れるが澤武アナとの職場のようなかけあいは好きだ。日曜は柳沼淳子。やぎじゅんはいい。柳沼淳子の存在以外でもシンプルな演出で落ち着いていて好きだ。ただ、パドックでよく見える馬を立って報告する鈴木由希子は苦行をしているかのようで重苦しい。

 などと言いながらも毎週見ている。BSフジが前にやってた須田鷹雄の番組が好きだったんけどなあ。最初に見た競馬中継では潮哲也、鈴木淑子、青山美恵子だったかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

今日の料理 焼きそば(ガッテン流)

Dsc03500Dsc03502  会社で残業していたらテレビで家庭でのおいしい焼きそばの作り方をやっていたので無性に作りたくなった。帰りにスーパーで材料を買って早速作る。焼きそばはよく作るがそんなにおいしくなるのだろうか。

(材料)豚細切れ、カット野菜、めん
(調味料)サラダ油、料理酒、焼きそばソース

最初に軽くメンを炒めて肉と野菜を隅に置き、水を入れて蒸す。ほぐれたところで焼きそばソースを入れて混ぜた。確かにふっくらしたおいしさ。ただ、後で番組サイトを確認したら、細かい作り方は違っていたのでそのうち再挑戦したい。ところで焼きそばソースといえば、おたふくソース焼きそば用を使っていたが去年夏から近所のスーパーから姿を消した。あまり福岡の人には合わなかっただろうか。

F1000005  そうそう、この番組の収録現場に先日東京で出くわした。嫁さんにおつかいを頼まれて近所のスーパーに行ったらその前で実験をやっていた。6月に放送するのだとか。このスーパーがあるアーケード商店街はよくテレビのロケをやっていて、ガレッジセールの番組もここで見たことがある。元気な商店街で人通りがあるからだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

映画「砂時計」

映画「砂時計」を天神東宝で1人で見た。映画館で映画を1人で見るなんて久しぶりだ。名古屋時代の「鉄道員」以来だろうか。きっかけは先月街中で流れていた予告編、登場人物が出雲弁らしき言葉を話していた。主演松下奈緒は背が高すぎるのでそんなになのだが気になっていた。サイトを覗いてみると、少女マンガ原作のラブストーリーらしい。島根県各地でロケが行われているようなので見に行くことにした。

「てもみん」で全身をマッサージした後、15時35分開始の回。少女マンガ原作ということで予想はしていたが館内で私は明らかに浮いていた。高校生の男子同士や女子同士のグループが多く、それより少し上のカップルもいたが私ぐらいの年の男はいなかった。多分、この映画を待つ間に週刊競馬ブックを広げていた客は全国でも私ぐらいだろう。

 映画が始まるとじっと目を凝らし、うとうとすることもなくすべてを見終えた。途中、泣いている客もいたが私は特にぐっとくるところもなかった。いや、世界に入ろうと思って見ていたがやはりどうしても地理的なつながりのなさに気持ちが途切れてしまった。これが他の土地の話なら素直に入っていけたかもしれない。タイトルにもある砂時計、仁摩サンドミュージアムも劇中の「辻岡駅」がある三江線も県西部の石見地方なのでそっちが舞台かとかと思っていたらどうも劇中の“島根弁”(←こんな方言はない)は出雲地方の出雲弁。かと思えば、東京から突然会いに行くときは出雲空港、最終便が着いてから普通列車では三江線までたどり着くのか怪しい・・・

 とかなんとか言っても島根県がメジャーな映画の舞台になるのはとても嬉しい。役者さんの出雲弁もまずまずだった(戸田菜穂はこの前放送したNHK松江制作のドラマで出雲弁を喋っていたな)。今までこのマンガもテレビドラマも知らなかったが正月に帰省したときにサンドミュージアムの人出が多くなったとニュースでやっていて、なんでかいな、と思っていたのがようやく合点がいった。

 小さい頃のかわいい恋がそのままずっと続くことはまずないって大人なら知ってる。映画を見ながら、中学から高校へ入るときに松江から出雲へ引っ越したこと、会社に入って金沢に赴任して東京と遠距離恋愛になったことなどを思い出した。映画では過去と現在がめまぐるしく交錯して混乱したが、おそらく原作や昼の帯でやったテレビドラマ(全60回)ではもっと多くのエピソードがあるのだろう。そのあたり、知りたくなったし、できた当初(91年?)に両親と行ったが久々に行きたくなったなあ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年12月23日 (日)

博多駅で出発式

Dsc02546

 駅のホームでのラッピングトレイン出発式を初めて見てきた。JR九州のサイトで発表されていたがそれらしき人は数人しかいなかった。「篤姫」と鹿児島をかけてリレーつばめに宮崎あおいを貼り付けている。

↓こんな感じ。

Dsc02539Dsc02553   よくニュースで見るくす球割を見ておもしろかった。次にリレーつばめに乗るならラッピングしてあるのに乗りたいものだ(1日4往復)。6月までか、チャンスはありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

今日の料理 ピーマンとじゃこの甘辛炒め

Dsc01670

 7月4日(水) 「ピーマンとじゃこの甘辛炒め」

 ←が今夜の晩飯。このところ努めて早く帰って自分の時間を楽しんでいる。今夜は何を作ろうかと帰り道に考えるのもたいへん精神的にいい。今日はたまたま見た料理番組を見ながらこれなら自分でも作れると思ったメニューに挑戦だ。

Dsc01668_1 (材料)ピーマン4個、ちりめんじゃこ
(調味料)ごま油、サラダ油、砂糖、しょうゆ、料理酒

 本当は余分な油をふき取らないといけないがそんなことはできないのでそのまま続けた。炒め物に砂糖を入れるのは初めてだったがこれはいい。甘辛炒めってこんなふうに作ればいいのか。おいしいし手軽だし、酒の肴に最適で簡単。作る前は冷凍しているひき肉や卵もも一緒にと思っていたがそれでは甘辛炒めに合わない気がして教科書どおりに作った。うん、これはいただき!

Dsc01669_1 もう一品「豆腐&トマトサラダ」

(材料)絹ごし豆腐半丁、トマト1個、ちりめんじゃこ、いりごま、サラダパック(だいこんとレタス)
(調味料)中華ドレッシング、レモン汁

 居酒屋のメニューにありそうなちょっと変わったサラダを作ってみようと考えた。いかにもな感じにできたと思うがどうだろう。我ながら気に入った。私は冷奴は木綿派なので久々に絹ごしを買った。

 ああ、おいしい。テレビで新幹線パーサーのドラマを見ながら焼酎水割りを何杯か飲み、気分良く食事を終えた。さて、次は何を作ろうかなっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

コジマ身長伸ばしセンター

   公正取引委員会もなあ、「コジマ身長伸ばしセンター」なんて社名のところに景品表示法違反だなんて本気で怒らなくてもいいのではないか。相手にしたら負け、みたいな。そんなこと言ったら中学生が読む雑誌の広告なんてたいていが違反だよ。

以下、記事より

「頭の骨のすき間を整え、自然な小顔になれる」、「回転遠心力によって骨が伸びる」などと宣伝した。(中略)公取委が同社に対し、表示の根拠を示す資料提出を求めたが、同社は顧客のレントゲン写真などを提出しただけで、合理的根拠を示す資料はなかった。

そりゃ、合理的に証明されたら「あるある大事典」のディレクターがほっとかなかったって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

倉田真由美が小倉競馬場に

2月10日(土) 倉田真由美を小倉競馬場で発見。発見というかずっとロケみたいなかんじだった。馬券を買ってゴール前で観戦したりしてたけど何の番組だったんだろう。周囲の誰も彼女の存在を気にせず競馬やってたけど。

Dsc00993Dsc00992Dsc00991 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月19日 (火)

ドラマ「結婚できない男」

 ドラマ「結婚できない男」最終回。毎週声が出るほど笑い、楽しませてもらった。2週目から見たのだが本当に面白かった。なんか怖い作品に出ているイメージがあったから、夏川結衣がこんな面白いテレビドラマに楽しい役で出るのがまず意外だった。それにえらくふっくらしていて年齢を感じた。だからこそうまくいったのだと思う。

 もちろんアベカンも最高。現実にいたら友達になれそうにないけどドラマならおもしろい。思い起こせば浅香唯主演映画「YAWARA!」(平成元年)で相手役を演じたのが阿部寛だった。浪人になりたての私は同時上映「冬物語」のほうを見たくて一人で映画館に入ったが、学割のために窓口で予備校の学生証を提示したのがとても恥ずかしく屈辱的だったのを今でも覚えている。今ではすっかり演技派のアベカンがモデルが演技をがんばってみました、って感じだったなあ。

 ま、とにかく国仲涼子も適度な演技?で好感がもてたし、彼女は一定時間画面に映っていると「えりぃ」に見えてしまう、高島礼子があの位置で演技していたら話に安定感が出るってもの。毎週少しずつの三浦理恵子、「金田」の高知東生、コンビニ、洋食屋、ビデオ屋も毎週見ているとおもしろかった。登場人物に悪人が出てこないというのも安心感につながったと思う。絶対続編もしくはスペシャルがあると思うが今から待ち遠しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧