« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月20日 (日)

更新記録

http://starhills.cocolog-nifty.com/kaedama/2012/05/post-7b10.html

5月5日に出雲で釣りをしたことをアップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の料理 きんぴらごぼう(シュガーレス)

料理は楽しい。ビール、焼酎、すすむすすむ。今夜はきんぴらごぼうを作ってみた。ちょっと前に細切りになったこんにゃくを買っていたので切りごぼうが半額になっていたら作ろうと思っていた。フジに行くと半額に、しかもにんじんも見切り品になっていた。まさに今日だ、とレシピをネットで調べてさあ料理。

ところが、砂糖がいるなんて思っていなくてシュガーレスで作ることになった。昔から食べている料理でも作り方となると知らないものだなあ。

Dsc05989

(材料)ごぼう、にんじん、豚肉、こんにゃく
(調味料)ごま油、サラダ油、しょうゆ、みりん

で、切って炒めるだけだから簡単。ごま油って体に良さそうだし、作っていても気持ちいい。砂糖なしだったけど、まずまずおいしかった。
以下、先週の料理。

Dsc05976_640x480 これは5月15日(火)の焼きそば。肉が冷凍ミンチ、味付けがしょうゆと塩コショウ。焼きそばソースが切れてるからなんだがちょっと調味料を入れすぎたな。


Dsc05977_640x480 これは5月19日(土)。小松菜と油揚げに半額だった鶏肉としいたけを入れた。だし汁はほんだし。前回に続いてうまい。小松菜が見切り品にあったら迷わず買いだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萬翠荘のバラ展に行ってきた

Dsc05986

 松山の観光名所のひとつ、国の重要文化財「萬翠荘」(ばんすいそう)にぷらっと行ってきた。大正11年(1922年)旧松山藩主の子孫にあたる久松定謨(ひさまつ さだこと)伯爵が、別邸として建設したもの。松山城の下にある洋風建築で街中からちょっとだけ上るだけだが去年引っ越して来てからは初めて。新婚旅行以来だから8年半ぶりか。

Dsc05979_800x600

 毎年開催の愛好家によるバラ展の招待券をもらっていて今日はその最終日だった。建物の1階にバラが飾られ、2部屋ほど見て終わり。2階は別の絵画展をやっていてそちらは別料金。またの機会にしよう。

 会場の外はバラの即売会。バラにはまったく興味のない私だが日曜の暇つぶしには十分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

駅弁紹介 「とっとりの居酒屋」(鳥取駅) ほか

大型連休の帰省道中で食べた駅弁を改めて記録しておく。

<岡山駅>「すきやき弁当西日本版」(1000円)

Dsc05891Dsc05892_3Dsc05893_3

 5月3日、松山から出雲へ向かう。岡山駅の駅弁三好野のホームページで調べておいた期間限定発売(5月31日まで)の「すきやき弁当西日本版」(1000円)。牛肉のしぐれ煮が入っている弁当はたくさんあるが、この弁当はちゃんと半熟卵をつけてすき焼きになっている。おいしかった。朝っぱらから満席のやくも車内で動いてからすぐに食べた。ちなみに映画とタイアップしているらしく、東日本版もある。

【お品書き】すきやき(牛肉、玉葱、糸こんにゃく、ささがき牛蒡)、椎茸煮、焼き豆腐煮、人参煮、いんげん煮、半熟風やわらか玉子、はりはり漬け、白飯、ちりめん山椒

【説明】すき焼き風に甘辛く味付けしたたっぷりの牛肉に、半熟風に仕上げた玉子を絡めてお召し上がりください。
郷土料理のはりはり漬けや、ちりめん山椒などを付け合わせ、昭和の懐かしい雰囲気が詰まった駅弁に仕上げました。

<鳥取駅>「とっとりの居酒屋」(1350円)

Dsc05917Dsc05918_3

 5月6日には鳥取経由で松山に戻った。その時は2食。鳥取駅のアベ鳥取堂で並ぶたくさんの種類の中から、事前に調べておいた1日10食限定の「とっとりの居酒屋」(1350円)に。品目が多いのが売りの駅弁では一切れのおかずを1品目にしたり、けっこう無理やりなカウントをするものも多いが、この弁当はひとつひとつおいしかった。チューハイで昼間から待合室でおいしくいただいた。

【説明】鳥取の食材を可能な限り使用したお酒のお供になる、まさに居酒屋の暖簾をくぐった様なお弁当です。

【お品書き】1.あご寿し
2.いか寿し
3.あご竹輪
4.とうふ竹輪
5.「あご」の梅紫蘇巻フライ
6.するめの杯
7.あご竹輪の金平
8.とうふ竹輪の酢味噌和え
9.イカの子の煮付け
10.長芋の天ぷら
11.大根なますカニ爪添え
12.あまさぎの南蛮漬け
13.するめの麹漬け
14.甘酢ラッキョウ

このうち、6番がおもしろくて、するめで出来た杯。口の中に最後に放り込んでくちゃくちゃやりながらチューハイを飲んだ。

<岡山駅>山陽新幹線 新大阪-岡山開業40周年 二段重ね 旅弁」(1000円)

Dsc05960Dsc05961_5Dsc05962_4
 岡山駅で夕食のつもりで買ったのは、「山陽新幹線 新大阪-岡山開業40周年 二段重ね 旅弁」(1000円)。幕の内なんだけど、ホームページに期間限定って書いてあったのでつい。味は良かったけど特徴はないのでちょっと高く感じた。

【説明】 山陽新幹線新大阪-岡山間・開業40周年の記念弁当ができました!ミヨシノJR岡山駅構内売店にて2012年3月1日より毎日11:00から販売します!木折の二段容器に海老煮や鰆の西京焼きなど彩り豊かに並べて、どこか昔懐かしい駅弁に仕上げました。2012年5月10日までの期間限定ですので、この機会にぜひご賞味ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年5月13日 (日)

今日の料理 小松菜と油揚げなどの煮物

Dsc05975 金曜夜に飲んでカラオケして楽しんだ。土日は洗濯掃除料理とネットとうたたね、スーパーに買い物で終了。福岡時代もよくあったけど、週末のひきこもりは人生にとってよくないよね。そのうえ、競馬は土日で全敗、趣味でストレス増やしてどうすんの。やろうと思っていたことの半分もできずに終わったなあ。どうしたもんか。

 そんなだらだらダメダメな週末にあって唯一満足したのがこの料理。フジの見切り品コーナーに小松菜3束が40円で売っていたので思わず手にしたが、今までほとんど料理したことがない。ネットで検索すると油揚げと煮物にすればいいことが分かり、挑戦する。たまたま油揚げは昨日、値下げされていたのを買っていた。

(材料)小松菜、油揚げ、豚肉肩ロース、もやし、かつおぶし
(調味料)だし汁(昆布でだしをとった)、しょうゆ、料理酒、みりん

初めての料理なので味見をしながらだったが、こんなに簡単においしくできるとは思わなかった。ゆっくりと時間をかけて、本当はさっさとしんなりしたくらいでいいのだが、煮込んだので小松菜と油揚げにしっかり味がついて米焼酎ロックにとても合った。ごま油を加えてもおいしい。ヘルシーだし、また作ろう。だし汁を作りすぎてしまったのでこれは明日ほかの料理に使いたい。


Dsc05974 ちなみにこれが昨日の料理。余っていた玉ねぎをどうしようかとフジで見切り品になっていたピーマンと安くなった豚肉を買って炒めただけ。適当な肉野菜炒めだね。これでもいいわけよ、ビールで流し込めば。

(材料)豚肉肩ロース、もやし、玉ねぎ、ピーマン
(調味料)サラダ油、料理酒、塩、こしょう、焼き肉のたれ、酢、ほんだし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

若桜鉄道~これで中国地方の鉄道完乗~

Dsc05969 広島と島根で育った私だが、鉄道の乗りつぶしにおいては中国地方はいつでも乗れるという気でいたので長らくほったらかしだった。ま、そんなことで最後まで残っていた鳥取県の若桜鉄道を帰省のついでにようやく乗ってきた。

Dsc05910s 5月3日から出雲で過ごし、今日は出雲市(8:55)発のスーパーまつかぜ6号で鳥取着(10:58)へ。指定席は空席があった。伯耆大山以東は久々だと思うがいつ以来だろう、車窓を楽しむつもりがほとんど眠っていた。

出雲部の島根県民にとって鳥取県は米子までは身近だがそれより東はテレビで見るくらい。鳥取駅は通過や乗り換えは何度もあるが降りたことは中学生の時と大学生の時の2回だけ。確か大学2年(20歳)の8月以来だから約22年ぶりか。駅を降りてまずは隣にある鳥取中央郵便局で風景印でハガキを出す。あと1時間あるのだが歩いて回れるところに観光スポットもなさそうなので、駅前をぶらぶらしてから駅に戻る。


Dsc05918s_2 アベ鳥取堂のホームページで事前に調べておいた駅弁を買う。昔からかに寿司が有名だが、午前10時から1日10個限定発売という「とっとりの居酒屋」(1350円)にした。駅弁を食べるとき、特に夕方以降に食べるときはビールも一緒のことが多いがその時はご飯は少なくていい。この弁当もそんな酒の肴目当ての客がターゲット。残念ながら若桜までの車中で食べる勇気がないので、改札内の待合室で缶チューハイ片手に食べてみた。かなりおいしかった!値段も各種つまみを買ったと思えば安いもの。事前に調べておいてよかった。

Dsc05927s 鳥取発(12:03)で若桜鉄道起点の因美線郡家駅下車(12:16)、無人駅ではないが駅員が昼休み中だった。券売機には若桜鉄道の切符は車内でと書いてありる。鳥取から直通の若桜行きに乗車(12:37)、中学生の部活の大会帰りのグループがいて、満席。積極的に座る気もなく後方運転席横に立ち、過ぎ去る車窓を楽しむことに。鉄道ファンは私のほかに1人。一駅一駅手入れが行き届いていて利用者を快く迎えていて驚く。第三セクターも年月がたつとただの瀕死の中小私鉄状態も多く、経営が苦しいと聞いていたのに踏ん張っているなあと感じた。いくつかの駅にいた、かかしがとてもよかった。

Dsc05935sDsc05947s 車内で1日フリー切符を買って下車。折り返しの10分の間に写真を撮ったり、入場券やグッズを買ったり忙しい。思えば何度こうした折り返しをしてきたことだろう。できることならあと1便後にしてゆっくり有名な転車台を見学したかったのだが今回は時間の都合でパス。あわただしく乗り込み、今度は席に座って郡家まで戻った。若桜鉄道に落としたお金は2000円ほど。観光で生き残りの可能性がある鉄道なので存続してほしい。

Dsc05962sDsc05963s 郡家からはスーパーいなば6号に乗車、その間にNHKマイルカップの馬券を苦労して買い、ワンセグで見て岡山へ。岡山で50分あったが何もすることなく、駅弁「山陽新幹線 新大阪-岡山開業40周年 二段重ね 旅弁」(1000円)を買ってしおかぜ19号の指定席に乗り込む。食べたら後はずっと寝て松山着(19:23)。

こんな帰省の帰り道、まあようやく中国地方の鉄道にすべて乗ったということで満足かな。北海道、東北に続く完全乗車だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

大社築港で大漁

 帰省先の出雲で父と我が家そして弟とその息子の3世代7人で釣り。小学生のころは釣り好きの父に連れられてよく行ったものだが、結局自分で興味は持たず一人では仕掛けができない。なので父が元気なうちに息子たちを連れて行ってもらわねば。

 大社築港に行くまでの釣具屋でエサを買う。青虫と冷凍オキアミ。安全に釣る。最初に陣取ったところでキスゴが1匹釣れたが、嫁さんが違うポイントではイワシがおもしろいように釣れているというので場所替え。ちょうど回遊していた小イワシが面白いように釣れ、子供でも糸を垂らせばすぐ2、3匹ひっかかるので楽しい楽しい。3歳の次男と5歳の弟の息子も針を外して地面をはねる小イワシをクーラーに入れる係。写真を撮るヒマも、持って行った巻きずしを食べるヒマも惜しんで釣りまくった。

Dsc01734_800x600家に帰って数を数えると100匹。


Dsc01736_800x600
頭とはらわたを取る。


Dsc01737_800x600天ぷら粉に投入。


Dsc01739_800x600次から次へと揚げる。

Dsc01740_800x600天ぷらの出来上がり。みんなであっという間においしくいただいた。いやあ、ホント、子供たちも喜んだ。左にあるのが唯一のキスゴ。

行く前には、楽しみにしている子供たちを納得させるためにとりあえず行くだけ行こう、とどうせ釣れないと大人は思っていたのだが嬉しい誤算。また行きたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »