« ワインレッドの心 | トップページ | 出雲→松山 鉄道帰省 年末 »

2011年12月29日 (木)

松山→出雲 鉄道帰省 年末

 今年の冬は12月29日から1月5日まで休み。東京の妻子は12月28日から出雲に帰省し、私が翌日移動して出雲で落ち合う計画。しかし、計画後に大晦日の夜だけ仕事が入り、松山と出雲を2往復することになってしまった。JTBでの窓口で松山~岡山間を企画切符「岡山指定席トク割きっぷ」にしたほうが通しで出雲市往復を買うより安いとアドバイスをもらい、最初の往復についてはそのとおりにした。年末年始でも使えるなんてお得。

Sdsc05456 12月29日朝5:07松山発のしおかぜ4号、自宅からタクシーで駅まで。帰省ラッシュの始まりだがさすがに朝一番の特急なので人は少なく、指定席の私の車内は愛媛県内を走っているときは10人程度だったと思われる。大半を寝ていたのではっきりしないが香川県内に入ってからは増えていった。香川県に入ったあたりで1度だけ車内販売がやってきたのに驚いた。

 岡山に7:51着。8:05発のやくも3号に連絡するが指定席を確保しているので安心だ。ところが、駅のアナウンスによると根雨駅の融雪装置の燃料タンクが出火した影響で運休。1時間後の次の便を利用しろという。おいおい、当然今日1日ずっとやくもは満席だから自由席でいかないといけない。駅員は寒いだろうからと駅の会議室のようなところを控室として誘導していたが、「自由席に優先して座れるんですか」と尋ねるとそれはないという。
私はすぐにホームに向かい、次のやくもの自由席の乗り場の2番目にしゃがみこんで並んで待った。今日はずっと電車の中だしと思って薄手のセーターにしていたのが災いし、寒風の中待たされてかなりきつかった。

次のやくもも予想通り遅れて到着し、前のと合わせて2本分の客がどっと自由席になだれこんだ。私は席を確保できたが疲れ切っっていた。通路やデッキに親子や老人も立っていたが譲る気なんてなれなかった。だって3時間も乗るんだからね。9:05発のやくも5号は20分遅れで出発。

Sdsc05460Sdsc05464 岡山駅の駅弁は昔からこれといったものを感じないのだが、軽食のつもりで買い込んだのが初めて見た「えびめしロール」。混雑する車内で遠慮がちに広げるとロールケーキ状の見たこともないものが。黒いソースごはんのようなものがエビを包んでいてタルタルソースをかけて口に入れてみるとなかなかうまい。駅弁なので上品になっているけど、たぶん豪快にがーっと食べたほうがおいしいんだろうなあ。ちょこっと食べるにはなかなかいい。

Sdsc05469 伯備線の山間部は雪が積もり、ダイヤが乱れているせいもあってところどころで行き違いの停車。米子駅に着いたときは、ホームに駅員のほか背広姿の社員もたくさん出ていて、頭を下げながら払い戻しの案内をしていた。ここで多くの人が降りたのでようやく立っている人がいなくなった。

Sdsc05471Sdsc05473 出雲市駅に着いたのが12:55、精算が終わって改札を出たのが13:15。8時間もかかってようやく着いた。通常なら11:03着だったのに。ちなみに精算は半額払い戻しという扱いで1510円戻ってきた。これもよく考えて分かった。半額で発券される「遅延特約特急券」扱いにしたということだろう。指定席券分だけ戻ってくると考えていたのでラッキーだった。

 しかし。私はこのせいで体調を崩し、腹痛と発熱で2日間を棒に振り、また大晦日に松山に戻った。あーあ、頼むよJR。

|

« ワインレッドの心 | トップページ | 出雲→松山 鉄道帰省 年末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150093/53738678

この記事へのトラックバック一覧です: 松山→出雲 鉄道帰省 年末:

« ワインレッドの心 | トップページ | 出雲→松山 鉄道帰省 年末 »