« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月14日 (木)

震災後1か月 岩手県陸前高田市

 4月12日から19日まで7泊8日 大震災に関する業務で岩手県に出張した。出張から戻って1か月たってからようやくではあるが記録しておく。

 4月12日の朝は8時過ぎに大きな余震が東京でもあり、羽田空港に行くまで京急蒲田駅で1時間も足止めを食らってしまった。毎日東京でも余震があり、街も暗く、心も沈んでいたと思う。花巻空港への臨時便は満席で取れず、東北新幹線が全通していなかったので秋田空港へ飛び、臨時バスで2時間かけて盛岡駅に到着した。

Dsc03600 Dsc03604  秋田新幹線は在来線ホームからの発着で、在来線も含めて運転本数が少なく、眺めていても少ししか車両が動いていなかった。この日から2日間は盛岡市内でデスクワークをしたが、インフラも止まっていなかったし、夜も繁華街はそれなりに人が出ていた。ただ、コンビニは夜8時で閉まったり、食料品が棚に少ししかなかったりして決して元に戻っていたわけではなかった。

Dsc03622  そして、4月14日に陸前高田市に入る。長い市名だが岩手では「リクタカ」と略すことも多いようで私もすでにリクタカと言うようになっていた。リクタカまでは遠野市から一本道で、気仙川(けせんがわ)に沿って海のほうへ向かう。すると、まだ山の中なのに川に沿って瓦礫が積み上げられていて驚く。津波は河口から遡上し、すごい圧をもって多くのものを流し運んだという。川から少し離れているだけで無傷の家々が並び、全か無かが一本の線で区切られていた。

Dsc03626 Dsc03649JR大船渡線竹駒駅。前後の鉄橋はひんまがり、線路は流され盛り土だけが残っていた。そして、避難所となっている高田一中に到着。ここは高台にあり、市街地を一望できる。そこから見たのはテレビでこの1か月見てきた何もない光景だった。

Dsc03630_2 被災地にもいろいろだがリクタカは市街地が全部跡形もなくやられていて、そのときの私は「この状態で頑張れって言われても、正直、頑張ろうという気もおきない。ここでもう一度なんて無理」と感じた。無論これは部外者の勝手な感想で、実際被災者はそれでも何とかしないといけないわけだが、本当にそのときはそう思った。

高田一中は体育館が避難所になっていて、校庭には車がたくさん停まっていた。被災者自身の車が多く、家が流され自動車だけが現有財産という人もいるという。そして、マスコミの車と自衛隊もたくさん停まっていた。で、校庭の半分には仮設住宅が並んでいた。ニュースで数日前に見たのだがまさかこんな環境に建っていたとは。すぐ横にマスコミがいて、抽選で外れた被災者が避難所にいるわけで気持ちよく生活は難しいだろうなあ。こういうのはニュースで伝わりにくいから現地で驚いたことの1つ。中学校への坂道の上り口脇は車や瓦礫が積まれていた。というか、道路だけとりあえず通れるようにしていたというべきか。

Dsc03634 Dsc03635 Dsc03642_3

市街地の中を車で走ったのだが何も無い。 

Dsc03641   Dsc03667

写真の説明をしようと思ったが要はみんなやられてなんもない。

Dsc03677  Dsc03679 Dsc03669

 1か月もたってこんな状況かと思ったが、見たくないものは転がっていないし、道路は通れるようになったし、当初に比べれば臭いもなくなったし、復旧作業というか瓦礫の撤去作業は進んでいるという。 ただ、70cmもの地盤沈下で水は引かないし、津波の心配はあるしで同じところに建物を建てられるのかも分からない。都市計画をどうするのか。本当に厳しい。

 私は3日間リクタカで仕事をした。中学校のテニスコートでは避難所にいる小学生や中学生が遊んでいた。猿回し一座や渡辺謙が慰問にきたり、屋外でボランティア団体が靴や衣類をフリーマーケット風に希望者に提供していた。 自衛隊は洗濯や風呂を支援していたし、毎日入れ替わり立ち代わりイベントが起きていた。思ったのは、被災者には各種救済措置をひいきと言われても行ってほしいということ。例えばプロ野球に被災者を招待なんて企画があったら「たまたま被災したからって」なんて声が出るかもしれないが、それでも当面はなんでもしてあげていいと思う。

 私自身もふるさと納税や被災地の産品購入などできることはしていきたい。気持ちの問題、そう、地震の後から感じていたいてもたってもいられない気持ち、東北には縁もゆかりもないのに湧き上がる気持ち、それが少しずつでも息長く継続して行動することの原動力になっている。この被災地復興のためには「正しすぎ」でいいと思う。いつか絶対、またリクタカに行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

東京都知事選挙 投票所1番乗り!

Sdsc03586  震災の影響で全然盛り上がらなかった統一地方選。東京は石原知事の再選だろうが、結果はともかく投票に行ってきた。去年夏に引っ越してきたので今回が初めての投票所。6時20分にホール入り口に着き、係員に「7時からの投票に来たのですがこちらで待っていればいいですか?」と訪ね、新聞を読みながら待つ。その間、2人の早起き老人から「ああ、今日は選挙でしたね」と声をかけられる。忘れるよなあ、選挙カーも通らなかったし。10分前になって外から内に誘導され、受付前のパイプいすに座る。ここまで私一人。投票率はそうとう低いだろうなあ。8分前になり、50代夫婦がやってくる。たまたま早く来ただけのよう。

Sdsc03585  7時の次点で6人しか待っていなかった。に立会人から投票開始の合図があり、ようやく私と旦那の2人が受付。通常の受付だった。最初の2人ということで投票時に空であることを確認。閉めるのに手間取りながら鍵がかかり、投票。

 引越しが多い私はこれで4か所目の投票所1番乗り。これって珍しいのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »