« プレゼント当選 Jリーグ観戦 | トップページ | いい天気なのにJRストップ »

2009年8月30日 (日)

衆議院選挙 投票所一番乗り!

Dsc00183Dsc00178   8月30日は私の誕生日。39歳の今年は歴史的と言われている衆議院選挙の投票日。もともと「選挙好き」な私にとっても記念になると思い、期日前投票もせず、投票日の一番乗りを目指した。選挙の投票一番乗りは4年前の東京都議会選挙、2007年参議院選挙に続き2年ぶり3度目で、引越しているため3つの異なる投票所で1番乗りを果たしたことなる。

 朝5時50分起床、家族は当然寝ている。過去2回は投票開始1時間前の朝6時に現場到着だったが2番手が来るのが10分前だったので今回は6時15分にした。投票所となる小学校は歩いて1分だ。小学校の体育館にシートが敷かれ、係員たちが準備をしていた。入口から「おはようございます。朝7時からの投票に来たんですけどどちらで待てばいいですか?」と声をかける。「朝7時からの」と言うことで開始時刻を間違って早く来たのではないことを明確にし、最初の投票者になりたいということをアピールするわけだ。年長の係員が多少驚きながらも入口前に置いたパイプイスを指し、「最初のお2人には投票函が空だと言う確認をしていただきます。あちらでお待ちください」と丁寧な対応をしてくれた。これで1番乗りだと認識されたわけで安心。来場する立会人に挨拶などされながら新聞を見ていると30代夫婦が2人の子供を連れてやってきた。朝の散歩がてら投票に来たが時間を間違えていたらしい。家に帰ってまた来るのも面倒というので彼らも私と一緒に待つことに。これが6時半。余裕をみすぎてもう少し遅かったらこの夫婦に負けていたかもしれない。空箱確認作業のことを聞かされて驚いていたから初めてのようだ。

Dsc00180Dsc00181Dsc00182_2  7時になり、投票開始。最初の受付が省略され、私と夫婦の夫の2人が投票用紙の交付へ誘導される。続こうとした妻が制され、通常の受付に回された。まず小選挙区、そして比例代表区、最後に最高裁裁判官の国民審査。我々が「何も入ってないですね」の声にうなずくと投票函に鍵がかかる。妻と子供たちも追いついて興味深そうに空箱を覗いていた。最初に対応してくれた係員が最後まで誘導し、「お疲れ様でした」(だったかな?)ときちんと礼をしてくれたのが嬉しかった。出口から入口に戻るとまだ7時過ぎだというのにたくさんの人が並んでいて、今回は関心が高いんだなと実感した。

 すがすがしい気分で帰宅したがまだみんな寝ていたので私もまた寝る。そしてお昼前、嫁さんが投票に行くというので家族とともにまた行った。それにしても東京11区(板橋区)は地味だったなあ。都内では最後のほうまで当確判定が出なかったのに民主党の公認が出ないし、自民党前職もあまりに地味でニュースでも取り上げられることがなかった。板橋区らしいといえばそうなんだけど。   

|

« プレゼント当選 Jリーグ観戦 | トップページ | いい天気なのにJRストップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150093/46142810

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院選挙 投票所一番乗り!:

« プレゼント当選 Jリーグ観戦 | トップページ | いい天気なのにJRストップ »