« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月27日 (土)

フェンシング太田選手!

Sdsc04150Sdsc04147_2  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080928-00000000-spnavi-spo

結婚式で明治記念館に行ったら北京五輪フェンシングの祝賀会をやっていてテレビカメラ4台が並んでいた。終了後、2階から降りてくるときに結婚式を終えたカップルに「おめでとうございます!」と声をかけ、足早に去っていった。いやあ、旬の有名人を見られて嬉しかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

岩手県に出張したのでついでに

Sdsc03943Sdsc03945Sdsc03959   9月21日、22日と岩手に出張。21日は新幹線で水沢江刺へ。途中仙台で降りて駅弁を朝食として食べる。大宮から水沢江刺まで通しの自由席特急券だったが水沢江刺まではやて号に乗ろうと思ったら全席指定の文字。ああ、すっかり忘れていた。実際は車内で差額を払うなど柔軟に運用しているそうだが変なプライドからきちんと次のやまびこ号まで待つことにした。水沢江刺駅は新幹線だけの駅で他の鉄道と接続していない。そういう新幹線駅は全国にいくつもあるが思えばそんな駅に降りたのは初めてだ。

Dsc03978Dsc03981Dsc03983_3    22日は遠野市で仕事が昼に終わり、後は帰るだけ。美しい外観が有名な遠野駅は2階がJR東日本経営のホテルになっている。遠野は街のイメージもよく行ってみたいところだったので嬉しかった。釜石線の普通列車に乗ると2両とも埋まり8割の乗車率。釜石線は平成10年11月25日に急行陸中1号で通しで乗って以来だから10年ぶり2度目。この区間はのんびりと田園風景が広がっていた。新花巻で半分の客が降りた。釜石線から新幹線に乗り換え方はびっくり。釜石線のホームは無人駅風に駅務員が切符を確認するといったん外に出て、そこから新幹線駅までは駅の外を歩いて行くのだ。

Dsc03992Dsc03997Dsc04005  新花巻からは仙台までがらがらの自由席。そしてまたまた仙台に今度は本当に途中下車し、昨年開業した仙台空港アクセス線に初乗車。これで東北・北海道完全乗車を回復。帰りは有名な伊達政宗弁当(1000円)を食べて満足。この弁当は本当においしい。

Dsc04015Dsc04016Dsc04026_2    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

はしご車に乗ったよ

Sdsc03920Sdsc03921_2Sdsc03922   今日は消防署のイベント「ファイアーフェスティバル」があり、長男を連れて行ってきた。事前チラシに先着30組がはしご車に乗ることができるとあったので整理券配布9時45分の25分前に到着し、9番目だった。この手の先着モノはなぜか気合が入る。

Sdsc03925  はしご車に乗るって遊び程度だろうと思っていたのだがいやいやけっこう高いところまで伸ばす。ヘルメットを被り腰に命綱としてベルトをする。隊員と3人で上昇したが遊園地みたいな感覚。私が上から撮影した写真はこれ。なかなかおもしろい体験だった。息子は途中から「降ろして」と小さな声で訴えていたが地上に戻ると「楽しかった」。その後もいろんな消防車に乗せてもらったり、消火器を実際に扱ったり、「火事だー」と叫ぶ大声コンテストがあったりと私も楽しめた。帰ってから息子に一番おもしろかったのは何かを尋ねると、「忍たま乱太郎(が火の用心を訴える啓発ビデオの上映)」と答えたのには笑わされたが。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

東京バッタ

Dsc03864s マンションの1階に妻子と住み始めて3週間。1階ならではの楽しみがある。それはちょっとした専用庭があること。嫁さんは早速物干し台を通販で購入し、毎日多くの洗濯物を干している。もちろん物干し台を組み立てたのもその設置場所の草刈をしたのも私である。

Dsc03911s_3  雑草が生い茂っているので昆虫もたくさんいる。バッタも10分ほどで虫かごいっぱいになるほどバッタバッタと獲れる。3歳の長男も手づかみできるようになった。あまりに喜んで、朝保育園に行く前にバッタ獲りをやるほど(もちろん私も朝8時に一緒にバッタ獲り)。夜にはコオロギを初めとする虫の音が聞こえる。もちろん、蚊などの虫もすぐ部屋に入ってくるし、野良猫が通ったりするし、上の階から洗濯物は落ちてくるしと不都合もあるが今のところは良かったと思っている。そのうち野菜でも作ろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »