« 今日の料理 やきめし | トップページ | 寝台特急富士に乗って九州へ(その2) »

2008年6月30日 (月)

寝台特急富士に乗って九州へ(その1)

Dsc03606Dsc03610Dsc03609  福岡に来てから3年になろうとしているがいつも飛行機で東京を往復している。時間とお金を考えると鉄道でという気にはならなかったが、いい加減飛行機にも飽きているし、いまのうちにブルトレに乗っておこうと乗ってみた。今まで寝台特急には「出雲」「夢空間」「日本海」「「サンライズゆめ」「あかつき」に乗ったことがあったが九州と東京を結ぶのは初めての乗車だ。夜行には他にも何度も乗ったことがあるが寝台特急となるとなかなかない。(ちなみに東京から新幹線で通しで乗ったことはその昔ある)

Dsc03626Dsc03616Dsc03615 平日だったのですべての寝台が空いていたが金銭的な面からA寝台は諦めてB寝台ソロにした。買うときに上下は指定しなかったが上段になっていて4番だった。サンライズに比べると古めかしいつくりだが同じ料金なのでこちらが断然おすすめだ。ちゃんと鍵もあるし、空調も自分で調節できるのがいい。

Dsc03614Dsc03623Dsc03627  動き始めてから分かったが上段のほうがいい。いつもと違う上からの車窓は非日常感が出るし、停車中にホームから覗かれることもない。崎陽軒の特別弁当(1050円)とビールロング缶2本で通勤客を眺めていると日が暮れていった。持ち込んだ東スポや競馬ブックを斜め読みしたり、友人達にメールを送ったり、ワンセグでテレビを見たりしてたら眠くなってきた。名古屋を過ぎたあたりで床に就く。考えてみれば名古屋も3年前の愛・地球博から行ってないなあ。

    なお、この日、鉄道ものまね芸人・立川真司が写真を撮りに東京駅に来ていたようである。うーん、会いたかった。

|

« 今日の料理 やきめし | トップページ | 寝台特急富士に乗って九州へ(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150093/41759472

この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急富士に乗って九州へ(その1):

« 今日の料理 やきめし | トップページ | 寝台特急富士に乗って九州へ(その2) »