« 映画「砂時計」 | トップページ | 今日の料理 焼きそば(ガッテン流) »

2008年5月12日 (月)

日暮里・舎人ライナー

Dsc03468Dsc03470Dsc03472  休暇を取った月曜の昼下がり、3月末に開通した日暮里・舎人ライナーに乗車。終点まで片道320円なので都営交通1日乗車券(700円)を買う。日暮里駅から乗るも乗客はまばら。無人運転なので先頭をうかがうもさすがにそこは人気があるようだ。西日暮里から人が乗り込んできてクロスシートに1人は客がいるかんじに。この電車は加速するときにジェットコースターみたいな感じで推進していく感じがした。隅田川と荒川をまたいでいくときに遠くサンシャイン60と新宿の高層ビル群がはっきり見えて、この角度から見るのは初めてだなあと感激。 

Dsc03475Dsc03477Dsc03478  20分ほどで終点の見沼代親水公園駅に到着。 各駅そして車内には黄色いジャンパーのボランティアの方がいて、新しい鉄道に不慣れな人たちに声をかけていた。駅周辺には歓迎ムードがまだ確認できた。折り返して今度は先頭に乗り込み、行き違いなどを楽しむ。外回り中の営業マンらしき男が横に座り、それとなく楽しんでいた。私は途中、西新井大師西駅で降りる。

Dsc03481Dsc03488Dsc03490  1kmほど歩いて西新井大師へ。名前だけは知っていたがどんなところかは知らなかった。改装中だったが大きなところで参拝客もそこそこいた。。そのすぐそばの郵便局で風景印を捺し、東武の大師前駅を尋ねると笑って「すぐそこですよ。切符は売ってませんから次の駅で精算です」と教えられた。

Dsc03495

Dsc03496Dsc03498 この東武伊勢崎線の大師線は隣りの西新井との1駅だけの支線。無人駅とは言え、立派な駅ビルだし、初詣などのピーク時対応のためホームもかなり広い。こういう神社参詣用に作られた路線、駅は各地に残っているが私は好きだ。軽く往復してまた西新井大師西駅まで歩き、日暮里・舎人ライナーにまた乗って西日暮里まで。本当は途中、都電に乗り換えたかったのだが時間の関係で断念。羽田空港から福岡に戻ったのだった。   

|

« 映画「砂時計」 | トップページ | 今日の料理 焼きそば(ガッテン流) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150093/41358265

この記事へのトラックバック一覧です: 日暮里・舎人ライナー:

« 映画「砂時計」 | トップページ | 今日の料理 焼きそば(ガッテン流) »