« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

鶴丸最後の日

Dsc03558Dsc03559Dsc03563  日本航空の鶴のマークがなくなる! 

 言われてみれば鶴のマークを最近は見なくなった。なんと5月をもって鶴丸(と呼ぶのも初めて知った)塗装の飛行機がなくなるそうだ。数少ないその鶴丸機の最終日の運航、9時20分発の福岡発羽田便に搭乗。マスコミの取材があるかと思ってかなり早めにロビーに向かったが誰もいなかった。この便に乗るのはまったくたまたまだったが搭乗記念のカードまでもらって嬉しかった。福岡でも羽田でも私のように記念写真を撮っていたいた人はいたが、本格的なカメラマンはいなかった。

 会社でこの話をしたら「え!飛行機もなの?」 と言われたが、乗り物は好きだし、最初や最後といった記念になることは大好きだ。 嫁さんからは「ふーん」とだけ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

更新記録

http://starhills.cocolog-nifty.com/kaedama/2008/05/post_0105.html

5月12日 日暮里・舎人ライナー乗車記録を更新。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

今日の料理 肉野菜炒め(かまぼこ入り)

Dsc03555Dsc03554  今日は昨日の残り野菜で予定通りの炒め物。昨日かまぼこが安売りしていたので 珍しく買ってみた。半分は炒めて、半分はそのまま。わさびがないので柚子胡椒としょうゆにしたがまずまずだった。

(材料)豚ひき肉、キャベツ、もやし、ピーマン、にんじん、かまぼこ、ザーサイ
(調味料)サラダ油、塩、コショウ、しょうゆ、料理酒、酢、ほんだし

ザーサイを入れたのでしょうゆを少しにしてもよかったかなあ。まあ、適当な味だが可だった。

Dsc03553Dsc03551  5月25日(日) 夕方クリーニングを出した後に買い物。たまにはまとめて買おうと野菜をあまり深く考えずにいろいろと買った。帰ってきてからなにを作るかを考えたが結局肉野菜炒めだった。

(材料)豚バラ、キャベツ、にんじん、もやし、ピーマン、メークイーン、たまねぎ
(調味料)サラダ油、塩、コショウ、料理酒、酢、オイスターソース、ほんだし

 バラ肉の脂で野菜がどんどん焼けていく。カロリー控え目のことは頭にありながらもやはり豚バラはたまに欲しくなる。サラダ用カット野菜に新たまねぎを加えてサラダにしたからこれでさっぱりと。本当はビールのほうが合うがここは水割りで抑えておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2つの中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080525-00000025-rcdc-ent

モーニング娘。のオーディションを台湾でやっていて、「1000人が応募して最年少が6歳」が話題になっている(している)ようだがそもそも大丈夫なの?なにがって現メンバーには大陸の2人がいるのに台湾からってのは危なくないの?メンバー同士仲良くやれるんだろうか。

----------------------------------
管理人のサイト
StarHills
http://homepage3.nifty.com/starhills/
----------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

プレゼント(賞品) いただきました 

Dsc03548  毎年発行されるプロ野球の選手名鑑は欲しいけれど開幕前にある新聞の特集ですませている私。それが賞品でいただけるとは!

 昨年ブービー賞の「粗品」として贈っていただいたのはYAMAさん主宰の「プロ野球順位予想大会」。2000年から参加させてもらっていて、最初に優勝するなどなかなかの成績だった。去年まで正攻法でやっていたが、2年連続で日ハム優勝がどうしても分からなかった反省から今年は最初に考えた予想をあえて崩して臨み(でなければ横浜を3位になんかしない)、悲しい状況に陥っている。残りのペナントでは名鑑を眺めながらもっと選手を知り、来季に備えたい。

 ネット初期の頃はいろいろなサイトにお邪魔していたがその頃にであった方々とはけっこう長いおつきあいになってきている。おもしろいものだ。YAMAさんとも随分前に府中で1度お会いした。

 (なお、賞品としていただいたのは選手名鑑だけで風船は雰囲気出すために並べただけ。次はいつ飛ばしに行けるやら)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

今日の料理 鮭チャーハン

Dsc03546Dsc03547  買い物せずに帰ったので冷蔵庫を何度も開けて考え込む。なに食べようかなあ。明日は飲み会だし今日は飲むのをやめよう。即席ラーメンは、うーん、お昼にラーメン食べたしなあ。あ、来月賞味期限が切れる鮭の焼きほぐし瓶が2つもある。1ヶ月前に炊いたご飯を冷凍してあるから焼き飯を作ろう。

(材料)むきえび、ミックスベジタブル、鮭焼きほぐし、卵、冷や飯
(調味料)塩、コショウ、ほんだし、サラダ油、料理酒、酢

まあ、ちょっとべしゃべしゃになったけどいいんじゃない。今週3個パックを買ったたまご豆腐の最後とワカメスープでおいしく食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月21日 (水)

今日の料理 ウインナー炒め

Dsc03544  今日は買い物をせずありものでまかなった。このところ体重は69kg台で安定だがあと1kgは減らしたい。ランチは2日に1度はうどんですませている。

(材料)ウインナー、タマネギ、ピーマン、ミックスベジタブル、卵
(調味料)塩、コショウ、サラダ油、料理酒、酢、オイスターソース、しょうゆ、ほんだし

まあ、おいしくできた。たまご豆腐を小鉢にして三岳を飲んで夕食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

今日の料理 ウインナー炒めと豚しゃぶ

Dsc03540  昨日は賞味期限間近のウインナーがあったので野菜と炒めた。手軽な一品。いつもの味付けで我ながら安定感あるおいしさだった。

(材料)ウインナー、タマネギ、ピーマン、えのきだけ、卵
(調味料)塩、コショウ、ほんだし、料理酒、酢、しょうゆ、サラダ油

Dsc03542  今夜は昨日買っておいた豚肉でしゃぶしゃぶ。22時半まで仕事をしていたので簡単に。しゃぶしゃぶは牛より豚が断然いい。

(材料)豚しゃぶしゃぶ用、えのきだけ
(調味料)しゃぶしゃぶのたれ

いずれも焼酎水割りを2杯ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

出雲大社御本殿特別拝観

Dsc03506Dsc03513Dsc03514  祖父の三回忌が5月17日(土)にあり、16日(金)の午前中に出雲に帰省した。ちょうど出雲大社本殿の特別拝観をやっていたので行ってみた。

 出雲大社を訪れた観光客はその手前の拝殿で賽銭を投げて拝み、神楽殿で注連縄に硬貨を刺さるように投げるのを楽しんで終わり、本殿を見ずに帰ることが多い。本殿は正月三が日と祭礼のときに開けられるがそれも手前の賽銭箱まで。本殿に上るなんて考えたこともなかった。地元民にとっても次にいつあるか分からない機会なので連休中も長い行列が出来たという。

Dsc03518Dsc03520Dsc03524  12時15分に並び始めたが歴博の駐車場まで一杯だったからやはりすでに相当の人が並んでいる。その時点で本殿をぐるっと周って列ができていた。服装に関してはTシャツやジーパンNGということで(実際に入れてもらえない人も数多くいたらしい)きっちりした人ばかり並んでいておもしろかった。だらしなくなる中、大社がそういう基準を設けたのはよかったと思っている。私は1人だったが、30分ほどたった頃から前後の初老の夫婦に話しかけて飽きることなく並べた。地元の夫婦と広島県から来た夫婦、いろいろな話をした。私はこういう過ごし方が好きだがそれにしても長い時間だった。結局本殿に上がったのが2時50分、見終わったのが3時。島根県でこれだけ待たされたのは経験がないが私が終わる頃に列に並んだ人は4時間待ちだったようだ。事前に多少知識を入れておけば、それだけ並んでも十分ありがたいことだが、なんとなく特別なことだからというだけでは割が合わないと感じるだろう。8月にも特別拝観があるようだが老人と子供にはきついと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

今日の料理 焼きそば(ガッテン流)

Dsc03500Dsc03502  会社で残業していたらテレビで家庭でのおいしい焼きそばの作り方をやっていたので無性に作りたくなった。帰りにスーパーで材料を買って早速作る。焼きそばはよく作るがそんなにおいしくなるのだろうか。

(材料)豚細切れ、カット野菜、めん
(調味料)サラダ油、料理酒、焼きそばソース

最初に軽くメンを炒めて肉と野菜を隅に置き、水を入れて蒸す。ほぐれたところで焼きそばソースを入れて混ぜた。確かにふっくらしたおいしさ。ただ、後で番組サイトを確認したら、細かい作り方は違っていたのでそのうち再挑戦したい。ところで焼きそばソースといえば、おたふくソース焼きそば用を使っていたが去年夏から近所のスーパーから姿を消した。あまり福岡の人には合わなかっただろうか。

F1000005  そうそう、この番組の収録現場に先日東京で出くわした。嫁さんにおつかいを頼まれて近所のスーパーに行ったらその前で実験をやっていた。6月に放送するのだとか。このスーパーがあるアーケード商店街はよくテレビのロケをやっていて、ガレッジセールの番組もここで見たことがある。元気な商店街で人通りがあるからだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

日暮里・舎人ライナー

Dsc03468Dsc03470Dsc03472  休暇を取った月曜の昼下がり、3月末に開通した日暮里・舎人ライナーに乗車。終点まで片道320円なので都営交通1日乗車券(700円)を買う。日暮里駅から乗るも乗客はまばら。無人運転なので先頭をうかがうもさすがにそこは人気があるようだ。西日暮里から人が乗り込んできてクロスシートに1人は客がいるかんじに。この電車は加速するときにジェットコースターみたいな感じで推進していく感じがした。隅田川と荒川をまたいでいくときに遠くサンシャイン60と新宿の高層ビル群がはっきり見えて、この角度から見るのは初めてだなあと感激。 

Dsc03475Dsc03477Dsc03478  20分ほどで終点の見沼代親水公園駅に到着。 各駅そして車内には黄色いジャンパーのボランティアの方がいて、新しい鉄道に不慣れな人たちに声をかけていた。駅周辺には歓迎ムードがまだ確認できた。折り返して今度は先頭に乗り込み、行き違いなどを楽しむ。外回り中の営業マンらしき男が横に座り、それとなく楽しんでいた。私は途中、西新井大師西駅で降りる。

Dsc03481Dsc03488Dsc03490  1kmほど歩いて西新井大師へ。名前だけは知っていたがどんなところかは知らなかった。改装中だったが大きなところで参拝客もそこそこいた。。そのすぐそばの郵便局で風景印を捺し、東武の大師前駅を尋ねると笑って「すぐそこですよ。切符は売ってませんから次の駅で精算です」と教えられた。

Dsc03495

Dsc03496Dsc03498 この東武伊勢崎線の大師線は隣りの西新井との1駅だけの支線。無人駅とは言え、立派な駅ビルだし、初詣などのピーク時対応のためホームもかなり広い。こういう神社参詣用に作られた路線、駅は各地に残っているが私は好きだ。軽く往復してまた西新井大師西駅まで歩き、日暮里・舎人ライナーにまた乗って西日暮里まで。本当は途中、都電に乗り換えたかったのだが時間の関係で断念。羽田空港から福岡に戻ったのだった。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

映画「砂時計」

映画「砂時計」を天神東宝で1人で見た。映画館で映画を1人で見るなんて久しぶりだ。名古屋時代の「鉄道員」以来だろうか。きっかけは先月街中で流れていた予告編、登場人物が出雲弁らしき言葉を話していた。主演松下奈緒は背が高すぎるのでそんなになのだが気になっていた。サイトを覗いてみると、少女マンガ原作のラブストーリーらしい。島根県各地でロケが行われているようなので見に行くことにした。

「てもみん」で全身をマッサージした後、15時35分開始の回。少女マンガ原作ということで予想はしていたが館内で私は明らかに浮いていた。高校生の男子同士や女子同士のグループが多く、それより少し上のカップルもいたが私ぐらいの年の男はいなかった。多分、この映画を待つ間に週刊競馬ブックを広げていた客は全国でも私ぐらいだろう。

 映画が始まるとじっと目を凝らし、うとうとすることもなくすべてを見終えた。途中、泣いている客もいたが私は特にぐっとくるところもなかった。いや、世界に入ろうと思って見ていたがやはりどうしても地理的なつながりのなさに気持ちが途切れてしまった。これが他の土地の話なら素直に入っていけたかもしれない。タイトルにもある砂時計、仁摩サンドミュージアムも劇中の「辻岡駅」がある三江線も県西部の石見地方なのでそっちが舞台かとかと思っていたらどうも劇中の“島根弁”(←こんな方言はない)は出雲地方の出雲弁。かと思えば、東京から突然会いに行くときは出雲空港、最終便が着いてから普通列車では三江線までたどり着くのか怪しい・・・

 とかなんとか言っても島根県がメジャーな映画の舞台になるのはとても嬉しい。役者さんの出雲弁もまずまずだった(戸田菜穂はこの前放送したNHK松江制作のドラマで出雲弁を喋っていたな)。今までこのマンガもテレビドラマも知らなかったが正月に帰省したときにサンドミュージアムの人出が多くなったとニュースでやっていて、なんでかいな、と思っていたのがようやく合点がいった。

 小さい頃のかわいい恋がそのままずっと続くことはまずないって大人なら知ってる。映画を見ながら、中学から高校へ入るときに松江から出雲へ引っ越したこと、会社に入って金沢に赴任して東京と遠距離恋愛になったことなどを思い出した。映画では過去と現在がめまぐるしく交錯して混乱したが、おそらく原作や昼の帯でやったテレビドラマ(全60回)ではもっと多くのエピソードがあるのだろう。そのあたり、知りたくなったし、できた当初(91年?)に両親と行ったが久々に行きたくなったなあ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

今日の料理 肉野菜炒め

Dsc03455  昨日は一日食べ過ぎたので抑え目に。映画を見た帰りに買い物して帰った。

(材料)豚肉細切れ、ピーマン、タマネギ、卵
(調味料)サラダ油、塩、コショウ、料理酒、酢、みそ、しょうゆ

これに冷奴をつけてくろきりの水割り。うん、おいしい。以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレゼント当選

Dsc03450   またまた当選。スーパーサニーのプレゼントは残念ながらこれが最後だった。味のりが当たった。当たりやすいプレゼントだったのになあ。小さい頃から懸賞が好きなのでこれからもいろんなものに応募しようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

マイネルマキシマムを佐賀で見た

Dsc03410Dsc03380Dsc03382  連休は3日、4日が博多どんたくに関する仕事で5日にようやく休み。身体は疲れていたが職場の仲間に誘われるままに佐賀競馬へ。自分が誘われて競馬場というのは非常に珍しい。私を含めて男4人、女2人の6人だったが日常競馬をやっているのは私だけ、初めてという人もいたので最初は馬券の種類からレクチャーを始めた。佐賀競馬場は去年2月に愛馬ボウノットが走った佐賀記念を見に来て以来2度目。今日はレジャーとして力を抜いて楽しもう。食堂は安いし、カレーパンは棒が刺してあって頼むと鉄板で温めてくれる地方競馬らしいところだ。アルコールがないのが残念。

Dsc03404_2Dsc03392Dsc03389 午前中のレースを楽しみながらメインレースの馬柱を見ていると、元愛馬マイネルマキシマムの名前があってびっくり。中央未勝利の後、佐賀に移籍したのは知っていたがまさか今日走るとは。佐賀競馬とは言え、最上位のAクラスの競走で印がついているのもびっくり。それからはそわそわして過ごした。そして、マキシマムはレースに堂々1番人気で勝った。

Dsc03402Dscf1639Dsc03408 マキシマムの走りを見て久々に競馬で興奮して感激した。彼は私が一口出資していた愛馬マイネルマックスの数少ない産駒で、同じクラブで募集された唯一の仔だった。その名付け親になれてとても嬉しかったのだが結婚して自由に競馬場に行くこともできず、一度も生で見られないまま佐賀競馬に移籍したがまさか、佐賀でこんなに活躍しているとは。彼は中央で25回走るも1度も勝てなかったが故障もなく、丈夫がとりえのタイプだったのでこれからまだまだいけると思う。おそらく最初で最後の観戦だと思うとよけいに感慨深かった。

Dsc03438Dsc03439Dsc03448    競馬を目一杯楽しんだ後は、鳥栖市内の名所(新幹線建設現場など)を見てから「とすのとんかつきむら」で食事。ここは統一感のない本当にあれこれ飾ってあるところで汽車が席まで料理を運んでくれるのが楽しい。ついでにさらにせっかくここまで来たからと「丸幸ラーメンセンター」にも寄って帰る。腹がいっぱいの状態で食べたからかそこまでとは思わなかった。飾らないおいしさ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

今日の料理 牛しゃぶ

Dsc03374  にしめを作った翌日もにしめで三岳。1日おいたらこんな色に。やはりうまかった。これからにしめは作りしな(○○しな=○○したて:出雲弁)がに食べるのはやめよう。三岳をロックで飲んだがこの焼酎は多分お湯割のほうが私に合ってる。

 

Dsc03375

Dsc03377 今日も残業だったが昨日より1時間早い22時に帰れたので何か作りたくなった。しかし、身体が疲れていたのでさっとできるしゃぶしゃぶに決めて精肉コーナーへ行くと、黒毛和牛のしゃぶしゃぶ用が半額になっていたので思わず買う。しゃぶしゃぶを自分でやるときは肉としいたけ。これだけでいいのだが今夜はちょっと高いもやしを買ってみたらなかなかよかった。まあ、でもやはり黒豚にしたほうがよかったかな。

Dsc03379 昆布をだしとして入れていたが勢いで小さくせずに入れたのでしっかりダシがとれた。もったいないから肉が終わった後に冷凍していたごはんを解凍しておじやを作った。ああ、うまい。こんなことで私は満足。食に関しては欲がないんだよなあ。

 それにしても早く帰宅できる生活になりたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »