« ラーメンの整理 | トップページ | 小さな旅 ~SAGA 佐賀・唐津~ その1 »

2007年5月20日 (日)

小さな旅 ~SAGA 佐賀・唐津~ その2

Dsc01340Dsc01341Dsc01342 献血が終わって多少ふらふらしながら駅まで歩く。これから大学4年の平成5年8月17日に全線乗車して以来14年ぶりの唐津線だ。2両編成で白と黄色の異なる車両を連結していた。いい天気で車内は暑いくらい。部活帰りの高校生たちを乗せて13時10分に発車した。私はここで駅弁を取り出した。

Dsc01343_2Dsc01345Dsc01346    前夜にネットで知った「特製ちらし寿司」で有田陶器というのが売りだ。物珍しさから1260円出してみたが味は特製とまではいかなかった。まあ、話の種に。

Dsc01347Dsc01348Dsc01349  単線非電化区間をとことこ1時間以上というのはけっこう贅沢な時間の過ごし方だと感じた。トンネルの連続、何もない山間、途中駅での行き違い、高校生の馬鹿騒ぎ、など完乗でがむしゃらに乗っていた頃にいやというほど味わったのだが久々で懐かしい。14時22分唐津駅下車、けっこうな数の高校生が佐賀からずっと乗っていた。

Dsc01352Dsc01356

Dsc01362  唐津に着くとまず唐津から福岡に通っている同僚に電話。まったくの思いつきで今から案内してくれと頼む。彼の自宅近くの唐津城に一緒に上るつもりだったのだが、彼からは「今来たなら宝当島(ほうとうじま・真ん中の写真の右の島)に行かなきゃだめでしょ」と言われた。宝当島はその名前から宝くじにご利益があるという宝当神社があり、ドリームジャンボが発売中の今はまさに参拝する人でにぎわっているという。ならばと城を1人で見てまわり、すぐそばの船着場で待ち合わせた。島まではあっという間に着く。

Dsc01363_2Dsc01395Dsc01365  上陸すると彼の案内でまず宝くじご利益グッズのお店で袋を買い、宝くじを買ってその袋に入れた。次に宝当神社に袋を手に参り、祈願した。その後神社を一周して儀式は終了。彼によるとこのやり方で多くの人が的中を果たしているという。たったこれだけの島でおおがかりな飲食施設があるでもなし、ちょっと行って帰るだけのプチ願掛けで楽しい。

Dsc01378Dsc01385Dsc01396 さあ、帰ろうか。17時38分唐津発の普通で筑肥線。今日始めてのロングシートだったが小刻みに停車するうちにうとうと眠り、18時44分姪浜着まであまり覚えていない。改札で無効印を求めるとちょっと困った顔で市営地下鉄の駅員が「領収済」印を捺してくれた。姪浜からはバスで帰宅。単純に地下鉄に乗れば290円で行ける博多→姪浜間をJR片道切符で2730円かけて行ったのが気分いい。12時間の小さな旅だったが満足の内容だった。 

|

« ラーメンの整理 | トップページ | 小さな旅 ~SAGA 佐賀・唐津~ その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150093/16698316

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな旅 ~SAGA 佐賀・唐津~ その2:

« ラーメンの整理 | トップページ | 小さな旅 ~SAGA 佐賀・唐津~ その1 »