« 3日間の小倉競馬観戦 その1 | トップページ | いじめの中心で、「死ね」と叫ぶ »

2007年2月19日 (月)

3日間の小倉競馬観戦 その2

2月4日(日) 2日続けて天神バスセンターから出発。昨日は7時10分発の定期便だったが今日は臨時の小倉競馬場行きのノンストップ便。幸い席は多少の余裕があり、私の隣りに人は来なかった。

 今日の目的は4レースの未勝利戦に出走する愛馬マイネルキーロフの応援。キーロフは昨夏のデビュー戦も小倉で、眼の疾病のためそれ以来の出走となる。口取りも申し込んだが東京事務所の担当は来田さん。初めてだたが2レースでラフィアンの馬の写真を撮影しているところを話しかけた。とても楽しそうにいろいろと馬の状況などを教えてくれて嬉しかった。そうそう、ラフィアン会員で数年前はよく現地でお会いしていた安藤さんを発見。ミモーゼが未勝利戦を走っていた頃以来だと思うので5年ぶりくらいか。ご挨拶する。

 佐世保バーガーを食べる。おいしい。でも唐津バーガーのほうがちょっとだけいいかなあ。

Dsc00944Dsc00949Dsc00954

   愛馬キーロフは3番人気。多少太いようにも思えたがどうか。芝1800mはスタンド前発走、写真も撮れた。しかし、残念なことに直線では声も出せないくらい離されてのゴール、3着だった。次こそは、とそこで競馬場を後にする。

Dsc00957  北九州モノレールに乗って小倉駅へ。小倉駅では総合案内所で帆柱ケーブルカーに乗りたいと言うとJR八幡駅から無料送迎バスをと勧められる。てっきり西鉄高速バスの乗り場を教えてくれると思っていたので意外。応対がとてもよく気持ちよかった。
 みどりの窓口でワイワイカードをクレジットカードで購入し、改札をくぐる。時刻を確かめて立ち食いうどんを腹に入れてから快速に乗り込む。小倉から八幡駅まで停まる駅ごとに駅前が寂しくなっていく。その寂しさは田舎の何もないそれと違い、立派な建物はあるのに活気がないそれだ。大丈夫かキタキュー。

Dsc00958Dsc00959_1  八幡駅は建て替えが決まり、テナントも出て行っていた。駅前ロータリーのバス乗り場で無料シャトルバスを待っていると驚くべき看板が。そうそう、今日は北九州市長選挙の投票日だ。(この看板の件は別で詳述

 ところでなぜケーブルカーに乗るのか、なのだがケーブルカーが「鋼索鉄道」という鉄道の仲間だからだ。よくロープウェーとごちゃまぜにされるがあれは鉄道ではない。JR乗りつぶしが終わった今は民鉄の乗りつぶしをゆっくりとやっている。
Dsc00967Dsc00965   さて、帆柱ケーブルカーなんて老朽化した車両が寂しく走っているんだろうと考えていたのだがまったく違った。数年前に更新されたスイス製の車両はとてもきれいでわくわくさせてくれた。

Dsc00966 往復800円も高いと思っていたが傾斜がきつく、 ジェットコースターの始まりのような楽しみがあったし、時間も長くて十分楽しめた。山の中ではないので市街地を眼下にするのも珍しい。

 この日は子供にもちを配るイベントをやっていたので親子連れが多く、20人以上の乗車があった。山頂までは徒歩5分、皿倉山は放送局の鉄塔が立ち並んでいた。

Dsc00964Dsc00963_1 帰りも無料シャトルバスでJR八幡駅へ戻り、快速で博多に戻った。博多~小倉間はよっぽどの急ぎでなければ高速バスのほうが便利だと思った。

 

 

|

« 3日間の小倉競馬観戦 その1 | トップページ | いじめの中心で、「死ね」と叫ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150093/13972142

この記事へのトラックバック一覧です: 3日間の小倉競馬観戦 その2:

» 高速バス 東京 小倉 [旅と高速バス]
高速バス東京行きはお得な格安乗車価格9900円より東京発小倉行高速バス予約・混雑状況がわかります。乗車地は新宿 新宿駅西口三菱東京UFJ銀行新宿中央支店前TDR キャリッジハウスリフレッシュメント前など [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 16:09

« 3日間の小倉競馬観戦 その1 | トップページ | いじめの中心で、「死ね」と叫ぶ »