« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

福岡はいいところですね

福岡はどうですか、ってよく尋ねられる。とても住みやすい街だといつも答えている。しかし、どうしても我慢ならないことがある。交通マナーがなってないことだ。

今日も帰り道、20時30分ごろ草ケ江大橋の横断歩道を渡ろうとすると右折の福岡ナンバー1243の普通乗用車にはねられそうになった。歩行者が渡ろうとしていたら止まらないといけないだろ!そういう危ない目に何度も遭っている。歩行者を考えない運転をするヤツが多い。3,4年は福岡にいると思うがその間に事故に遭いそうで怖い。本当に怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

今日の料理 「ゲソとエビ炒め」

Dsc00418  6月28日(水)「ゲソとエビ炒め」

 帝王賞が20時10分出走なので急いで帰る。結果は10着。はあ。

(材料)ゲソ、エビ、タマネギ小1個、もやし、にんにく、卵
(調味料)サラダ油、塩コショウ、しょうゆ、料理酒、みりん、ほんだし、オイスターソース、小麦粉

またしょうゆを入れすぎて辛かった。いかんなあ。賞味期限切れのサラダ油としょうゆを使いきろうという意識が強いのかもしれない。でもまあ、それ以外はまあまあだったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

元大関北天佑の二十山親方が死去

(06/6/23)元大関北天佑の二十山親方が膵臓ガンで45歳で亡くなった。大関在位44場所、7年以上も大関にいたとはちょっとびっくり。おそらく後半の3年くらいは存在感がなかったからか。色白でハンサムで人気があったが、特に印象的に残っているのは晩年、若いOL風女性グループが「ホクテンユー!ホクテンユー!ホクテンユーー!!」と仕切の際に叫んでいたこと。かなり強烈だったなあ。あと、握力が100だったのが病気で内臓を患って半分になってしまい、また肌のつやもなくなって力が発揮できなくなったのもかわいそうだった。私は当時の力士では応援していたほうだったが、大関互助会と揶揄された朝潮、琴風、若嶋津との星の回し合いをやるようになってからはそんなでもなくなった。色香を感じさせた力士だったと思う。ご冥福を祈りたい。

StarHills「Oh!SUMO!」より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

今日の料理 「チンゲン菜炒め」

Dsc00416 6月20日(火) 今日の料理「チンゲン菜炒め」

 野菜売場に「チンゲン菜がおいしく食べられる素」みたいなのが売れていて、それを見て材料を決めた。調味料はその素の原材料を見て決めた。

(材料)豚肉小間うす切り280g、チンゲン菜2本、しいたけ1パック、にんにく1かけ
(調味料)サラダ油、塩コショウ、しょうゆ、料理酒、みりん、ほんだし、オイスターソース、小麦粉

 なかなかおしいかった。1杯は酒肴として、次に焼きそばを入れて食べた。オイスターソースの風味がよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

シンドラー製

Photo シンドラー社のエレベーターが点検中の福岡市営地下鉄七隈線野芥駅。

2 エレベーターのみならず、エスカレーターもだったという。

本文はStarHills「有森也実いまそかり」の6月分に掲載。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年6月12日 (月)

今日の料理 「イカと野菜炒め」

Dsc00402 6月12日(月) 今日の料理 「イカと野菜炒め」

ワールドカップ緒戦、オーストラリアとの試合は午後10時開始。それまでにと9時ごろから料理にとりかかる。

(材料)イカ、キャベツ4分の1、タマネギ中1個、にんじん2分の1、ピーマン2個、にんにく1片、卵1個
(調味料)サラダ油、塩コショウ、しょうゆ、酢、料理酒、オイスターソース少々、片栗粉

ちょっとしょうゆを入れすぎて濃くなった。ビール1本と焼酎を飲んで試合に備える。島美人を飲んで、リードして安心した後半には伊佐美を飲んでいた。そうしたら逆転負け。なんにしろひとりで見るってのはつまらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

もつ鍋 楽天地

Dsc0040091E。(ガレオン)先生が来福とのことで仕事の後にもてなす。お金がないというのでリーズナブルなもつ鍋しかない、ということで有名なB級グルメ「楽天地」に行く。

写真は3人前。1人前900円。ここはメニューがもつ鍋しかない。サイドメニューも酢もつとキムチしかない。ひたすらもつ鍋を食べるのだ。私は福岡に来てから初めて行ったが数年前と変わっていなかった。最後にちゃんぽん玉を入れて終了。おいしかったなあ。

Dsc00401 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

今日の料理 「ひき肉とレタス炒め」

Dsc00397  6月10日(土) 「ひき肉とレタス炒め」

 近所のスーパーはサニーだけ。 毎月10日は前月の買い物総額や来店日数に応じて抽選があり、今回はアルミホイルが当たった。また、割引券ももらえて今月はレタスの割引券がついていた。というわけでレタスを使った料理を考えてみた。

(材料)豚ひき肉200g、レタス2分の1、ピーマン2個、タマネギ小1個、にんにく1個
(調味料)サラダ油、塩コショウ、ほんだし、しょうゆ、料理酒、酢、ごま油少々、トウバンジャン、味噌少々

ひき肉、タマネギ、ピーマンの順に炒め、最後にレタスを入れる。レタスがしなったところで火を止めた。なかなかおいしかった。半分食べた後は卵を入れてみたがこれもまた美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

エステー化学 脱臭炭

Dsc00368 本文はStarHills「有森也実」でそうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の料理 「焼きそば」

Dsc00367  6月9日(金) 今日の料理 「焼きそば」

昨日の夜は飲み会でちょっと飲みすぎた。福岡で初めてワインを飲んだり、その後焼酎を飲んだりでけっこう今日は厳しい体調だった。

 なのに夜は焼きそばを作ってしまった。しかも割引シールに釣られて豚バラまで入れてしまった。

(材料)焼きそば1袋、豚バラ200g、タマネギ小2個、卵1個、青ノリ
(調味料)サラダ油、塩コショウ、オタフクやきそばソース、酢、料理酒、ほんだし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

今日の料理 「鶏肉とえのきのバター炒め」

Dsc00366_1 6月7日(水) 「鶏肉とえのきのバター炒め」

先月初めに賞味期限が切れたバターを使いきろうと考えた。スーパーでえのき茸が安売りしていたのでこれに合うものをと鶏肉を買った。

(材料) 鶏肉がめ煮用200g、えのき1袋、卵2個
(調味料)バター、塩コショー、鶏ガラスープのもと、ほんだし、しょうゆ、粉チーズ少々

 なかなかおいしかった。バターにしょうゆは合う。ミックスベジタブルでも加えれば見栄えもいいだろう。最後に残った塩バターはロールパンにつけて食べたらこれもおいしかった。

 これを食べているときに新聞をめくったら榎木孝明の大きな写真があって思わず笑った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

ワールドカップ予想

ゆにせさんから予想が届いた。2回に分けて掲載。

◇グループリーグ順位予想
A組     B組          C組             D組
ドイツ    イングランド      オランダ          ポルトガル
ポーランド スウェーデン      アルゼンチン       メキシコ
エクアドル パラグアイ       セルビア・モンテネグロ イラン
コスタリカ  トリニダード・トバゴ  コートジボワール    アンゴラ

E組    F組      G組      H組
チェコ   ブラジル    フランス   スペイン
イタリア  クロアチア   スイス    ウクライナ
アメリカ  日本      韓国     チュニジア
ガーナ   オーストラリア トーゴ   サウジアラビア

◇グループ各組の予想
A組・D組・H組は無風。
B組・F組・G組は1位当確2位争い。
C組はマスコミでもお馴染みの死の組で混戦、
E組は3強で1~3位の順位付けは難しい。

アジア・アフリカ勢は全滅。北中米はメキシコのみの予想。
やはりヨーロッパの大会ということでヨーロッパ勢有利と見る。

◇印
◎ブラジル
○オランダ
▲ドイツ
△イングランド、フランス、スペイン
こんな感じです。(取り敢えず無難に)


◇個人的に頑張って欲しい国
セルビア・モンテネグロ、イラン、アンゴラ、チェコ、スイスそして日本。

続きはその2で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ予想 その2

◇日本
日本はグループリーグ敗退を予想した。
星取りはズバリ1分2敗。
勿論、日本には勝ち上がって欲しいし、十分可能なチーム力も備えていると思う。
しかし、それでもクロアチア有利と見る。
悪い意味で真面目な日本人の性格が大事なところでポロッと出てしまいそうだ。

例えばオーストラリア戦やクロアチア戦の終盤を同点で迎えた時、
例えば1点差負けでも予選通過可能なブラジル戦の終盤、
ゴールを狙って多少強引に攻めそうなイメージが浮かばないだろうか。

例えばオーストラリア戦、クロアチア戦の最終盤、
相手のパワープレー時に慌てたDFが相手FWの明らかにファールを誘うプレーに
やさしく付き合ってあげて、まんまとフリーキックやPKを献上するシーンが
イメージされないだろうか。

日本の悪いところは「真面目なところ」「ずる賢くないところ」これに尽きる。
いい人日本はいい人のままドイツを去る。

◇個人的な注目選手(数字は背番号)
イングランド :ランパード(8)、ジェラード(4)
オランダ   :ファンデルファールト(10)
イラン    :カリミ(8)、ハシェミアン(9)
アンゴラ   :アクワ(10)
ブラジル   :カカ(8)、ロナウジーニョ(10)、ロビーニョ(23)
日本     :中澤(22)、中村(10)、福西(15)、大黒(16)
        茂庭(2)中学校の後輩です。会った事は無いけどネ。よろしく!
フランス   :アンリ(12)
トーゴ    :アデバヨル(4)
スペイン   :カシージャス(1)、プジョル(5)、サルガド(2)
ウクライナ  :シェフチェンコ(7)
サウジアラビア:テミヤート(18)

◇グループリーグで注目の対戦
B組 イングランド×スウェーデン 2002年の対決再び。
C組 アルゼンチン×オランダ 屈指の好カード。
F組 日本×クロアチア 大決戦
   日本×ブラジル W杯でとうとう実現。神様ジーコの影響は果たして…?
G組 フランス×スイス ヨーロッパ予選でも同じ組の2ヵ国。因縁はあるのか?
H組 スペイン×ウクライナ ウクライナW杯デビューは行き成りスペイン戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »