« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

今日の料理 「ノーマルな肉じゃが」

Dsc00170 4月29日夜。

先日カレーを作ったときのジャガイモが余っていたので肉じゃがを作る。このところ一味違うものばかり作っていたのでノーマルなものを。

材料:じゃがいも中4個、にんじん1本、新たまねぎ2個、和牛ロース300g、にんにく1かけ、サラダ油、しょうゆ、塩コショウ、みりん、料理酒、ほんだし

作り方:鍋で材料を十分炒めたあとはことこと。

味はもちろんグッド。何度も作ってるから我ながら安定感がある。友人Fからもらったおいしい焼酎「伊佐美」でいただいた。その後、ご飯も食べた。ちなみに私はにんじんはむいた皮も料理に使う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

このブログはサブにします

 ここまで日記についてはこのブログ「替え玉」をメインでやってきたが、どうも自分でしっくりこないので基本的には「StarHills」の「有森也実いまそかり」で綴っていくことに戻す。「替え玉」は画像がある場合やトラバをしたいとき、あるいは気まぐれに、というのでやっていく。

 もうちょっとトラバがあるのかと思ってたけど難しいね(笑)。ブログってのを使いこなせてないんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

ホークスの街と実感

Dsc00169  ようやく調子が上がってきたホークス。球場で売っているグッズのほかにこんなものまで見つけた。

 近所のスーパー「サニー」で見つけてちょっと高かったけど思わず購入。味はまあ普通だったが勝利に貢献したようで嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

お寺の和尚

 真面目がとりえの職場のNさん(50歳)。いつも折り目正しく誠実で、酒もギャンブルもやらず趣味はガーデニングのとてもいい人だ。天気のいい今日の昼下がり、Nさんがここのところ風邪で調子が悪いバイト君に声をかけた。「薬を飲んで少しは良くなったの?」
「うーん、ぼちぼちですねえ」とバイト君が返すとNさんが「お寺の和尚みたいなこと言って」と微笑む。

え?お、お寺の和尚??会話を聞いていた周りの私たちがポカーンとすると照れながら言った。

ぼち、ぼち、だから、ね。」

まさかNさんがそんなダジャレをかますとは。唖然とする私たちに、「墓地だからお寺ってことなんだけどね」とさらに説明してくれるところが彼らしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

動産

本日の西日本スポーツ。競馬欄はサンスポと提携しているはずなのだが。

Dsc00167 ジェニュインやヤマニンゼファーは持ち運べる資産だから動産扱いなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

史上初のノーヒットノーラン

 Dsc00130 今季初のヤフードーム観戦は記録に残る試合となった。相手は日ハム。雨だったので歩いて球場まで行った。

チケット屋で入手したフィールドシートは11500円。定価が1万円だからまずまず。開場の4時に並んで入場した。座席の下にはヘルメットとグローブも完備。

             4時の開場と同時に入ると日ハムの練習になった。私は初めてのフィールドシートまで達すると長崎の出島のような感じがして落ち着かなかった。Dsc00145一般席との仕切では係員が厳重にチケットを確認していて好感がもてた。係のバイト君たちがしきりにヘルメット着用を呼びかけていたが私も含めてほとんどの客が無視していた。しかし、打撃練習が始まると右打者のライナー性のファウルがよく飛びこんできて怖い。私は慌ててヘルメットをかぶり、グローブもはめてみた。

続いてホークスの練習があり、選手たちは客席のわれわれを意識しておどけることもあった。ネットさえないのだから簡単にサインが頼めるのでズレータやカブレラが1塁側ではサインに応じていた。

Dsc00146 

実際試合が始まるとファウルは飛んで来ず、結果的には安全だったが「インプレー中はボールから目を離さない、飲食はしない」と注意書きがあるように試合にずっと注目していた。ビールの売り子もフィールドシートエリアには入ってこないようになっているほどだ。

で、集中して見ていたのだがホークスが負けた。
それも記録に残る負けだった。八木→武田久→マイケルの投手リレーでノーヒットノーランを食らった。3投手による継投での達成は初だという。

毎回のように四球やエラーでランナーが出ていたので5回くらいになってようやくヒットが出てないなあ、と思ったほどで、完全に抑えられたという感じはしていなかった。8回あたりではスタンドの雰囲気もなんだかすごいことになってる、といった感じだったがそれより0-0のスコアだったのでどちらが点を取るかのほうが重要だった。だいたい私もそうだがほとんどの人が八木という投手を触れ込み以外は知らなかったのだから。

 Dsc00164最後は一野球ファンとして、ノーヒットノーランを見てみたいと思っていたのも事実。どきどきしていたがあっけなく最後もあと1人コールもなにもなく淡々と終了した。生まれて初めてノーヒットノーランを見たが、延長12回でしかも3投手継投とは貴重な体験をした。試合終了が11時。私は7時間も座っていたのだ。もうこんなことないだろうなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

今日の料理「トマト丼」

Dsc00129 みんなでランチしているときにトマトを炒めることが話題になり、滅多に買わないのに料理してみたくなった。スーパーであさりを探すが殻つきしかなかったので鶏肉にしてみた。福岡らしく、「ガメ煮用」の鶏肉だったけど。2月終わりに1人になってから初めてご飯を炊いた。

材料はトマト3個、新たまねぎ1個、鶏肉、もやし、にんにく。調味料は、バター、塩コショウ、酒、しょうゆ、鶏ガラのだし、粉チーズ少々。

調理は、順番に炒めるだけ。丼にするなら味つけはもうちょっと工夫したほうがよかった。レタスがあればなおよかったな。あと、炒り卵なんかを後で加えてもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

気疲れ

 昨日今日と風邪気味で元気がない私。先日まで責任ある仕事で1か月ほど激務が続いていたこともあり、上司が「どうした、気疲れか」と声をかけてくれた。気遣いは嬉しかったのだが気疲れの原因になった人がすぐ近くにいたから「はい、そうです。」とは言えなかった。こうしてまた気疲れしていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

こんなことなら

 8日、池袋のビックカメラでデジタルビデオカメラのテープを買った。貯まっているポイントを全部充当し、残金500円余りを払おうと小銭を出したところ、

「あ、おめでとうございます。無料になります。」

と店員がカランカラ~ンと鐘を鳴らした。人生初の、100人に1人タダの瞬間だった。そんなキャンペーンをやってることも知らなかったので、「え、あ、そうなんですか」と一瞬うろたえ、すぐに恥ずかしくなってきた。

「ハハ、こんな少額でタダって、あんまりないですよね」

と照れくさそうに小銭を財布に戻しながら言ったのだが店員はそれには反応せず、領収書に名前を書いてください、とマニュアル通りにボールペンを渡した。はあ、こんなことで運を使ってしまっていいのだろうか、なんでこの前デジカメを買ったときに当たらないんだろう、ポイント充当しなくてもよかったよな、と逆に悲しくなりながら署名。
 嫁さんに報告すると、「ポイントも返してもらえませんか、ってちゃんと訊いてみたの?」との反応。当たった人の話を聞いたときはとても羨ましいと思っていたが、いざ当たってみるとこんなものか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

さよなら交通博物館

 8―10日は東京。東京の万世橋にある交通博物館が来月閉館する。同い年の子供のいる会社の同期Mさん(♀)が誘ってくれたので9日(日)、妻子と行ってみた。秋葉原駅から歩いてMさん母子と落ち合い、肉の万世でランチタイム。窓のすぐそばを中央線の電車が行き交い、息子は大喜び。

 交通博物館(310円)はとても多くの人で賑わっていて、小さな子連れにはちょっときつかった。何がきついのかというと、子供が人にぶつかったり倒されたり転んだりしないかを常に気にしなければならず、長時間抱っこしないといけないのだ。Mさんによると、以前平日に来たときにはがらがらだったという。まあ、廃止間際のローカル線や特急の最後の賑わいもこんなものだからしょうがない。

 私は初めてだったのだが展示がとてもおもしろくて個人でじっくり見に来ていればよかったと思った。来年の秋、大宮に「鉄道博物館」としてまた開館するというので楽しみにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

ペー

 5日の試合で巨人の超ベテラン工藤が今季初登板を白星で飾った。昨年来、投げれば投げるほど記録を作る工藤だが、この登板で実働年数はノムさんに次ぐ2位、投球回数、勝利数でも北別府に並んだという。いやあ、北別府、そんなにすごいピッチャーだったんだと見直したよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

今宵もまた

 今宵もまた新しい店で焼酎「黒霧島」をキープ。1800円だった。会社から家までの近辺で6軒目になる。毎晩遅くまで働いてそれから飲むんだからそりゃもうぐったりだわな。でも、飲まないとやってられないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

外国人の名前

 職場の9人で飲む。なぜか途中でひとりひとり横文字の名前をつけてみよう、ということになり、ボブ(デブだから)やらケント(ケント・デリカット似)などとつけていった。こいつはメキシコ人っぽいと言われた男はホセになり、下ネタ好きの管理職がチン(華僑ということにして)になったりした。ああでもないこうでもないと下らない議論をしながら時間をかけて決まっていった。
 そして、私の番、いったいどんな名前になるのだろうと思っていたら、誰かがトニーだと言ったらみんなが賛同して30秒で決まってしまった。トニーっぽい、ってなんだろなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

メジロマックイーン 逝く

 残業していると後輩♀が「メジロマックイーンが死んだそうですよ」と言ってきた。彼女は別に競馬に興味はないが、ネットで知るやいなやわざわざ教えてくれたのだ。「へえ、そう。もういい年だしなあ」。彼女は私の薄いリアクションに、その程度の馬なのか、という顔をしていた。 

 大学に入った平成2年に競馬を知った私は、2年生になって馬券を買う回数が増えてきた。そんな頃、マックイーンは王者だった。初めて競馬場に行った日(府中)はライアンが勝った宝塚記念で財布がすっからかんになった。1位入線も最下位降着の秋の天皇賞はバイト先の昭和女子大でラジオを聴いていたが、何がなんだかさっぱり分からなかった。降着という制度ができたばかりだったのだ。ジャパンカップでゴールデンフェザントに敗れたときは渋谷のウィンズで一人悔しがっていた。3年生になり、春の天皇賞、トウカイテイオーとの世紀の対決なんてレースまでの1週間が待ち遠しかった。あの頃競馬は学生の間では必須科目だった。4年生の春の天皇賞は彼女とふたりで自宅観戦。ライスシャワーとの馬連1点勝負で3万円が10万円近くになった。指輪をプレゼントしたなあ。結果的にラストランになった京都大賞典は淀まで東京からひとり見に行っていた。その後、雨の引退式も見に行った。ラフィアンではマイネルエスケープという産駒にも出資し、これまた長く楽しませてくれるいい馬だった。

 メジロマックイーンが19歳。もうあれから15年もたったんだなあ。後輩♀から言われた時には突然のことで言葉もなかったが、だんだんいろんなことを思い出してきて感傷的になっている。長距離で弱い相手にしか勝っていないと言う人もいるが、私の競馬史初期のまぎれもなく名馬である。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月 2日 (日)

今日の料理「牛肉の中華風炒め」

Dsc00126  このところ激務で深夜帰宅が続いてろくなものを食べていなかった。そこで牛肉が食べたかったのと嫁さんが冷蔵庫に残していった木耳(きくらげ)と春雨(はるさめ)を使ってしまおうと考えた料理がこれ。

 材料は牛肉細切れ、ピーマン、たけのこ、こんにゃく、きくらげ、にんじん、卵、春雨、たまねぎ、にんにく。調味料は、サラダ油、ごま油、塩コショウ、しょうゆ、味噌、酢、トウバンジャン、中華だし、片栗粉。

 思ったよりも材料が多くなり、一度も味見をしなかったのでだしが足りず、味も薄かった。食べ切りが基本なので写真を2杯半食べた。自分の料理で焼酎を飲みながらテレビを見る。いやあ、こんな時間がもっとあるといいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月の検索ワード

StarHillsの検索ワード3月のランキング。昭和は何年まで?69、マイネルボウノット48、広末涼子22、明治は何年まで?17、松浦亜弥15、献血12、朝青龍11、帰化10、結婚9、魁皇7、鉄道乗りつくしの旅7。

 朝青龍、帰化、魁皇なんてのは大相撲が久々に盛りあがってきたからその影響か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »