« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

ついつい関口知宏

 北海道旅行を書こうと思っていたが、遅い夕食を摂った後にテレビをつけると乗りつくしの旅秋編の総集編をやっていた。ついつい1時間以上も見てしまう。いろんなことを思いながら見た。その昔、旅行をしたときのことがもちろん大半で、今回だと「SLばんえつ物語」。交際を始めたばかりの頃に嫁さんと新潟から喜多方まで乗車し、途中車内イベントの抽選で賞品が当たった。結婚後に「あの時に運命を感じた」などと言われたなあ。
 なにより感じたのは、北海道旅行でも感じたが、何度でも鉄道旅行は楽しめるということ。同じ路線を通っても違う楽しみがある。いつか息子とともに旅に出たいと強く思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

イナバウアー

 トリノオリンピックは荒川静香の金メダルのみで閉幕。荒川、すごいの一言。

 以前からフィギュアに対して「あんなのスポーツじゃない、ショーだ」と言ってはばからなかった私。しかし、昨年来フィギュア好きの嫁さんの影響で見る機会が増え、今回の五輪を見るに至って十分スポーツだということが分かった。人間ドラマも含めて表現に影響する競技なんてなかなかない。小さな浅田真央ちゃんがくるくる回転するのよりも荒川の演技を見ている方が美しいと思えるようになった。

 そして、村主がWinkのサッチン(鈴木早智子)に似てるのが儚げだったし、荒川の般若顔はエキゾチックな美の印象を与えたが勝因だったとも思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

安藤美姫18歳

 「ミキティこと安藤美姫」だそうだがミキティは藤本美貴以外にいないので私はアンミキと呼んでいる。っていうか最初の頃はみんなそう呼んでいたはず。彼女は18歳だが長澤まさみや加護亜依も同い年。なんか変な感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

永田寿康衆院議員が入院

 国会議員っていいよなあ。仕事でチョンボしたら上司が「肉体的・精神的に憔悴した状態にあるから」と入院させてくれるんだからなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

木俣議員が断酒宣言

 先日傷害事件で書類送検され、民主党を離党した木俣佳丈参院議員(愛知選挙区)がホームページで「不祥事の反省にたち、今後一切の酒類を口にしない」と宣言しているという。
 昨年、酒に酔って女性を暴行し、「一生酒をやめる」と宣言した中西一善元衆議院議員のときにも思ったのだが、酒に酔って何かをしでかすような男が酒を断つのは現実的に無理だ。中川家弟の中川礼二も“暴行”事件の会見で「今後、一生酒を飲まないでおこうと思います」と禁酒を宣言したことがあるが絶対に飲んでいるに違いない。
 せめて昨年飲酒運転による事故で逮捕された「DA PUMP」のSHINOBU(本名宮良忍)の「しばらく運転もお酒もやめる」くらいのニュアンスにとどめておいたほうがいいんじゃないか。
 今後一切とか絶対とか天地神明に誓ってとか一点の曇りもないなどと言えば言うほど嘘臭く聞こえる。私は今までお酒でさんざん人に迷惑をかけてきているし、自分も損をしてきているが反省こそすれ、お酒をもう飲まないとは絶対に言えない。だって、人間嘘をつくのは一番いけないことだから。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月22日 (水)

究極の選択

 「ウンコ味のカレーとカレー味のウンコ、食べるならどっち?」といった「究極の選択」が流行ったのはもう15年以上前のことだろうか。

 「性格は最悪だけど仕事はきちんとできる人と性格はいいけど仕事はさっぱりできない人、一緒に仕事するならどっち?」

 まあ、そんなことを考えながら毎日頑張っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

思い出作り

 ♪愛をください ウォウウォウ 愛をください~ 「ZOO」というわけで今日は福岡市動植物園に出かけた。去年11月に行って以来2度目だ。入園料は大人400円、乳児は無料。初っ端はゾウだ。その後、ライオン、キリンなど喜んでいた。
 2時間ほどでだいたい見て周ったが、安心して子供を放せるのでとてもよかった。動物園の中はファミリーとカップルばかりでとても幸せそう。うちの子を見てカップルたちが微笑んでいる。そういうのがとても嬉しい。帰途、子供がベビーカーで寝たのをいいことに一風堂薬院店でラーメンを食べて帰った。

 実は今日は思い出作りなのだ。現在育児休職中の嫁さんが来月から職場復帰するため、24日に東京の実家へ戻る。27日からは正式な単身赴任となるのだ。まだ言葉も話さない赤ん坊ではあるが日々成長している。その成長を毎日見ることができなくなるのはとても辛い。だから今日は赤ん坊と一緒にたくさん写真を撮った。いつもは嫁さんと赤ん坊の2ショットを私が撮ることが多いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

北海道旅行 その8

 もう旅行から2か月半もたってしまった。今、書こうと思って旅行中に携行した行程表を探したが見当たらない。なんてこった、感じたことなどメモしていたのに。と、いうわけでこれからは本当に記憶だけで書くのでさっさと進む。「せんもうほんせん」で変換すると「仙網本線」と出るくらい私のパソコンは頭が悪いのでイライラしながらではあるが。

Dsc00359 網走を16時18分発の2両編成ワンマンカー。次の桂台で高校生がけっこう乗ってきた。17時8分に知床斜里着。私が以前訪れたときは「知床」なんて冠はついていなかった。実はちょっと心配していたのが知床斜里での乗り継ぎで、時刻表を見るとウトロ温泉行きの最終バスが斜里バスターミナルを17時10分発なのだ。これを逃すとタクシーで行くしか手段がない。バスターミナルは駅前と確認はしていたがダッシュあるのみ。改札をくぐると真っ暗な駅前左手に観光バスが停まっていた。中に数人の客がいたが運転士はいない。余裕で間に合ったようだ。5分ほど遅れて出発、乗客は10人程度だ。真っ暗な中をひたすら走りつづけて1時間ほど、18時5分に到着した。

 Dsc00360 予約時に伝えていたのでターミナルに今夜の宿の人が迎えに来てくれていた。自家用車に乗りこみ、3分ほど走ったところで温泉民宿つくだ荘に着く。食堂を横切って客室に行ったがけっこうたくさんの人が食べている。こんな季節に客はいないだろうと思っていたので少し驚いた。早速軽く一風呂浴び、すぐに食事にする。ビールを2本飲みながらたくさんの料理を味わう。めちゃめちゃうまい、というほどではないが値段を考えれば満足だ。めんどくさいが毛ガニもオホーツクらしくてよかったし。Dsc00361 かなりおなかが膨れたが、最後の最後に出てきたのがいくら丼とそば。この2品だけでも夕食になるくらいである。がんばって食べた。勢いでいくら丼はおかわりまでした。ふう、おなかいっぱいだ。でも一人で旅館の食事ってのはちょっと寂しいなあと感じた。
 部屋のテレビはコイン式だったが食堂で見ていた「クライマーズ・ハイ」の続きが気になったので2時間きっちり見た。その後も風呂に入ったがいやもう本当にいい湯だった。はっきり言ってぬるいのだが源泉に何も足してないというそのお湯は、ちょっと塩分がありぬるぬるしていて長く入っていられる。上がってからぽかぽかしてとても感激した。知床でも多分ここだけだと思う。結局翌朝も含めて4回湯に浸かった。1泊2食温泉つきで9390円(ビール2本)は大満足。部屋の作りは民宿でしかないが気にしない人にはお勧めしたい。ちなみに、私のほかの大勢の客は観光バスの運転士とガイドたちだったように思える。客はホテルで自分たちは民宿なんだろうか。Dsc00362そうそう、そもそもネットでの評判がいい別の宿に電話したら冬期休業で、そこの人からの紹介だったことも付記しておく。

  12月11日日曜日。朝8時半にウトロ温泉バスターミナルまで送ってもらい、そこからタクシーに乗った。旅行の最終日が始まった。

Dsc00363 北海道旅行 その1  その2  その3  その4 その5 その6  その7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

国生さゆり 「バレンタイン・キッス」

 この曲は不滅の名曲だと思う。この国にチョコレート業界がある限り。ちなみにこの曲がヒットした時に私は中学3年生で、初めて女の子からチョコレートをもらったんだよなあ。なーんて思い出話を夕食時にすると嫁さんが初めてチョコレートを男の子に渡した時の話をし始めた。もしかして張り合ったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

マイネルボウノットが佐賀記念優勝!

 2月13日月曜日、佐賀記念(G3)に出走した愛馬マイネルボウノットが単勝180円の1番人気に応えて見事優勝!家庭の事情により現地応援はできなかったのは残念だったが、これからも機会はあるだろうと信じている。

 で、家庭の事情って何だ? 

 11日土曜日は昔からの競馬仲間が関東と広島から福岡まではるばるやってきて、8人で楽しくもつ鍋をつついた。越後屋という店でコースと飲み放題を頼み1人4750円、みんなとても満足してくれたようだった。その後、天神で屋台にも挑戦。私自身、福岡に来てから2回目なので観光客みたいなもの。隣りの客と気軽に話しながら焼酎を間を開けずに飲み続けた。店を出てからほとんど記憶がない。

 12日日曜日は小倉競馬。前夜の飲みすぎで寝坊のうえ体調不良、みんなは8時30分には小倉駅に着いていたというのに私は4時間遅れだった。ちなみに小倉までの往復は新幹線自由席に乗れる「福岡小倉よかよかきっぷ」という土日祝限定の往復3000円の切符。これはよかった。そんな状態だったので馬券はさっぱり当たらず、愛馬ザカートも5番人気ながら11着とさんざん。次のサマー開催には万全の体調で臨みたい。

 そんな土日を過ごしたうえ、今朝は佐賀に行くなどと言ったものだからそれはもう、はい。今日は予定どおり休暇をとったうえで、近所で子供と遊んですごした。いい天気であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

年の差なんて

 福岡の企業に勤める学生時代の友人がいて、独身である。とてもいいやつなので誰か紹介したいと思っている。今日、社内の20代後半女性に今度会ってみないかと声をかけた。「一流企業だし、とってもいいやつだよ。」と言うと、「でも、いたさんの友達ってことはけっこういい年ってことでしょ。30後半はちょっとねえ」「後半じゃないよ、35だよ」と抵抗したが無駄だった。。そうかあ、やっぱもう相手にされない年なのかあ。なぜか私がとっても悔しい気持ちになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロポーズ

 2月11日は建国記念の日。そして私達夫婦のプロポーズ記念日。あれから3年がたったがちゃんと覚えている。この国がある限り、忘れることのない日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

手袋

 昨日は大分県まで仕事ででかけ、日帰りだった。朝から小雪が舞う天気で風が冷たかった。夜に福岡に戻り、帰宅すると手袋が片方ない。大分のどこかで落としたのだろう。結婚する前にある女性からプレゼントされた思い出の手袋だったのに。こうしていろいろな女性との思い出のある品が徐々に身の回りから消えていく。ちょっぴり寂しいが仕方のないこと、自然になくなっていくほうがいい。自ら捨て去るのは心が痛いから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

半額シール付け替えで逮捕

 スーパーの商品の値引きシールをはがして別の商品にはる手口で、代金の一部をだまし取ったとして女性教諭が逮捕されたという。夕方にスーパーに行って値引きシールを貼る作業をしている人がいると、もう一周してから売場に戻ったりする私。欲しいものに貼られていないと付け替えの衝動にかられていたがこれで抑止力が働くな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

職場結婚は損

 ネットの記事を見て始め意味が分からなかった。「大分県日田市の大石昭忠市長は7日、夫婦や親子がいずれも市職員で、同居している場合、それぞれの給料を2年間、2割削減する条例案を、27日開会予定の市議会定例会に提案すると発表した。」(読売)

 どこからそういう発想が出てくるのか。たまたま同じ会社・役場で働いているからと言ってなぜ給料(基本給)が減らされなくてはならないのか。市長の理屈は「同じ生計なら光熱費など浮かせる」からだという。例えば、住宅補助手当が1人分しか出ないなら分かる。しかし、光熱費は「浮かせる」からと言って決して1人分にはならない。訳が分からない。賛否両論併記が原則の新聞でさえも、否定的な識者の意見しか載せていなかった。

 なぜ私がこんなに怒っているかというと我が家も同じ会社の共働きだから。うちの会社も社内結婚すると各種手当てが片方になったりして金銭的に損なのだが、さすがに基本給が減るってことはない。そんなことしたらやる気がなくなってどっちかが辞めてしまうのではないか。あ、そうか。これって自発的退職を見込んだ人員削減施策のつもりなんだな、きっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北海道旅行 その7

 Dsc00351 北見には初めて降り立った。勝手に昔から寒くて小さな街という印象を抱いていたのだが、思っていたより市街地は賑やかに見える。北見駅構内も昔ながらの特急停車駅という感じで待合室にテレビもあってそこそこの人が腰掛けていた。切符は券売機で網走までを買った。そして、遅い昼食をと駅弁「ほたて丼」(1000円)を買い込み、ホームに入る。

 Dsc00352 復旧したちほく高原鉄道の次のワンマンカーが発車直前だったので写真やビデオに収める。自分の乗ったことのない鉄道が目の前にあるのに乗れない、そしてもう乗ることができなくなると思うと本当に悲しい。一駅でも乗ろうかと思ったが、その後の予定に大きく支障が出るのを確かめ断念した。
 

 Dsc00356 13時46分の普通列車網走行きに乗る。石北本線の普通に乗るのは初めてで2両編成だった。乗客のほとんどが下校する高校生で、けっこう遠くまで乗っていた。30分や40分という乗車時間だけなら都会でも珍しくないだろうが、地方ではとても遠く感じられる距離だ。このへんの意識は都会しか知らない人には分からないだろう。ボックスシートに一人で座ってそんなことを考えながら、私は平然と駅弁に箸をつけたのだった。味はまずまずだった。
 Dsc00357 14時51分網走駅到着。平成4年3月(大学2年)以来14年ぶりだが駅はあまり変わっていなかった。釧網本線で斜里に向かうのだが接続が悪く1時間以上も待たなくてはならない。ここで予定していたのは、網走郵便局での風景印。駅の地図で見るとちょっと距離がありそうなのでまずはタクシーに乗る。車内には「冬期2割増」の文字があり、ちょっと走っただけで700円以上になった。おそるべし北海道。郵便局から風景印で嫁さんあてのハガキを差し出し、帰りは歩いて戻ることに。歩道が凍っていて気をつけて歩いていると網走市立美術館(100円)があったので暖をとるのも兼ねて入ってみる。受付でお金を払うと館内の展示スペースの照明にに電源が入り、暖房がかかった。誰もいなかったのだ。せっかくなのですみずみまで地元ゆかりの絵画を見て周り、十分勉強させてもらった。外に出るとだいぶ日が落ちていて冷たくなってきている。商店街を歩いたのだが、買い物をしている人はほとんどいなかった。最後は早歩きでなんとか出発の時間に間に合った。窓口で記念にオレンジカードを2枚買い、粉雪が舞う中、列車に乗り込んだ。16時18分、定刻に網走を出発した。

Dsc00359

北海道旅行 その1  その2  その3  その4 その5 その6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

北海道旅行 その6

   もうこの旅行記もその6である。正直、こんなに長々と旅行記を書くつもりではなかった。これ以降はもうちょっと簡潔にまとめ、後日StarHillsに転載するときに補足したい。

Dsc00349 代行タクシーが出発してすぐ、助手席の私は運転手になるべくちほく高原鉄道に沿って走って駅などを教えてほしいと頼んだ。いつもはスクールバスを運転しているという50歳前後の運転手は快諾し、いろいろ喋ってくれた。足寄町出身のムネオや千春のことなどおもしろかった。通常は北見まで走ると3万円ほどになるという。後ろの席に座った初老の夫婦は札幌から乗りに来たというし、どうやらこの1台目のタクシーは全員記念乗車組のようだ。2台目は本別と愛冠で下車があった。

 Dsc00348            途中、道の駅にもなっている立派な駅舎の陸別駅で10分ほど休憩。せめてもの記念にと写真やビデオを撮る。もうすぐこの線路に列車は通らなくなる。そう思うだけで悲しくなるが、大半を道路と並行しており、使命は終えたんだろうと諦めもつく。あと30分ほどというところで北見方面からの列車が走っているのが見え、タクシー車内から嘆息が漏れる。運転が始まったんだな。本格的に雪が積もって運休のおそれがでる前に、廃止駆け込み乗車のピークの前にと12月に来て、天気もいいのに私は乗ることができなかった。私には運がなかったのだ。北見駅に到着したのは13時すぎ。ほぼ鉄道と同じ3時間で到着した。Dsc00350

北海道旅行 その1  その2  その3  その4 その5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

トリノ五輪トト 開催中

 StarHillsでトリノオリンピックに関する予想大会を開催中です。

 3問パーフェクトで3000円分の金券を差し上げます。

 ふるってご参加くださいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

億千万の胸騒ぎ

 ♪出会いは億千万の胸騒ぎ~ まばゆいくらいにエキゾチック・ジャパ~ン!

 30代後半になってから5年間頑張ってようやく子供ができたという先輩が言った。「不妊治療の時に医者が聞いたんだけど、正常な男性は1回あたり1億2000万の精子がいるんだって。で、オレはてっきり少ないと思ってたんだけど検査したら2億いたんだよ。それ聞いて安心したらすぐに子どもができたんだよなあ」
 私なら2億4000万に膨らませて話すなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

こそあど言葉

 職場でちょっとした作業をしていたら、ある文房具が必要になった。どこかにしまってあったはずだがありそうな場所を探すが見つからない。年下の女性2人に聞いてみる。

 「ほら、あの縛るやつってどこにやったっけ。それみたいな、こうやって使うやつ。ちょっと探したけど見つからないんだよ。このへんでしまったと思うんだけどさ、あれ。」

 そんな問いに彼女たちは、

 「いたさん、そんな、家の中で奥さんに言うみたいに言われても困ります。あれやそれじゃ私達には分かりません!」

 とピシャリ。おっとこれは失礼、おっしゃるとおり家では嫁さんに指示語だけで通じるのでついつい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

特割利用

 このところ毎日俯きかげんで仕事している。明日はもう金曜か、本当に早いなあ。

 今日、東北にある業者と電話で話し、取引が来週にはまとまることになった。初めての業者で、電話とメールだけのやりとりで商談がうまくいきそうなのだが、先方がこう切り出した。

 「今後も長いおつきあいをと思っておりますので、ぜひ一度ご挨拶に伺わせてください。」

 ご丁寧にありがとうございます、と返すと続けて言った。

 「ただ、手前ども東北におりまして福岡までとなると、7日以上前に買うチケットで参りますのでちょっと先になりますがよろしいでしょうか。」

 安いチケットでそちらに向かいます、なんてことはわざわざこちらに言わなくても「来週は業務がたてこんでおりますのでさ来週あたりに参りますがいかがでしょうか」と言えばいいと思うがどうか。商談で値引き交渉したら気前よく割引してくれたというのに。なんだか悪いことした気分になってしまった私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半年たった

 福岡に来て半年たった。この間にプライベートで福岡市を出たのは帰省と北海道旅行と太宰府のみ。福岡市内は天神を始め、街中にはよく出かけている。これからはもっと外にもいろいろ出かけたい。

 と、言いながらものすごくものぐさになってきている。何事にも積極性がない。変に安定感が出てきている、体型も含めて。これじゃあだめだと分かってるんだけどなあ。

 半年いるわりに福岡のことはまだまだよく知らない。こんなんじゃあ、数年があっという間に過ぎてしまいそう。金沢に4年いたけど今思うともっといろいろ物見遊山すればよかったと後悔している。そうなってはいけない。そんなことをこのところ毎日言い聞かせている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

昭和は何年まで?

 1月のStarHills検索単語を並べる。最も多かったのがモー娘(「モーニング娘。」等含む)で54。シングル13とセットで調べられたが何かあったのだろうか。昭和は何年まで?が46と相変わらず多い。平成も18年にもなるし、小渕も遠くになりにけり、だな。鈴木亜美(鈴木あみ)は31と安定している。次が歌詞17、日本リビングクリエイト15、加藤あい13、ヌード12あたりもよく上位に来る。関口知宏11、橋永晶子10、一柳亜矢子7あたりの列島縦断鉄道20000km関連の単語もしぶとい。
 今月のトップページは多くて1日29(1/4)、少なくて12(1/30)。これはトップページに直接来た数、すなわちお気に入り(ブックマーク)から来てくれた数。実はブログって思ったほどおもしろくないなあ、と思い始めているのでそのうち日記はまたもとにもどすかも。

 明治は何年まで? 明治元年~45年7月30日
 大正は何年まで? 大正元年7月31日~15年12月25日
 昭和は何年まで? 昭和元年12月26日~64年1月7日
 平成は何月何日から? 平成元年1月8日~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »