« トリノ五輪トト 開催中 | トップページ | 北海道旅行 その7 »

2006年2月 6日 (月)

北海道旅行 その6

   もうこの旅行記もその6である。正直、こんなに長々と旅行記を書くつもりではなかった。これ以降はもうちょっと簡潔にまとめ、後日StarHillsに転載するときに補足したい。

Dsc00349 代行タクシーが出発してすぐ、助手席の私は運転手になるべくちほく高原鉄道に沿って走って駅などを教えてほしいと頼んだ。いつもはスクールバスを運転しているという50歳前後の運転手は快諾し、いろいろ喋ってくれた。足寄町出身のムネオや千春のことなどおもしろかった。通常は北見まで走ると3万円ほどになるという。後ろの席に座った初老の夫婦は札幌から乗りに来たというし、どうやらこの1台目のタクシーは全員記念乗車組のようだ。2台目は本別と愛冠で下車があった。

 Dsc00348            途中、道の駅にもなっている立派な駅舎の陸別駅で10分ほど休憩。せめてもの記念にと写真やビデオを撮る。もうすぐこの線路に列車は通らなくなる。そう思うだけで悲しくなるが、大半を道路と並行しており、使命は終えたんだろうと諦めもつく。あと30分ほどというところで北見方面からの列車が走っているのが見え、タクシー車内から嘆息が漏れる。運転が始まったんだな。本格的に雪が積もって運休のおそれがでる前に、廃止駆け込み乗車のピークの前にと12月に来て、天気もいいのに私は乗ることができなかった。私には運がなかったのだ。北見駅に到着したのは13時すぎ。ほぼ鉄道と同じ3時間で到着した。Dsc00350

北海道旅行 その1  その2  その3  その4 その5

|

« トリノ五輪トト 開催中 | トップページ | 北海道旅行 その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150093/8527843

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行 その6:

« トリノ五輪トト 開催中 | トップページ | 北海道旅行 その7 »